金澤正剛『新版 古楽のすすめ』ノートまとめ

金澤正剛『新版 古楽のすすめ』(2010年、音楽之友社)を読みながら、古楽について学び、かつ、これを現代における音楽活動/行為に対するオルタナティブな提案として曲解する(笑)、という冒涜行為をしました。以下のリンクより、各ノート (まえがき、第一章、第十一章、第十二章) をご覧になることができます。

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

「まえがき」のノート

「第一章 古楽とは何か」のノート

「第十一章 忘れ去られた音楽について」のノート

「第十二章 即興音楽について」のノート

なお、わたしは音楽につて専門教育を受けていた人間ではございません。本サイトをご覧になられている皆様におかれましては、決して内容を鵜呑みにせずに、必ず自分の目で同書をお読みになってください。


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク