「 2024年04月 」一覧

音楽人類学で読み解く西洋音楽の「ローカル」な特性

西洋音楽史における作曲家たちの生涯や作品分析は、多くの学術書で綿密に掘り下げられています。しかし、これらの音楽が生まれた文化的・社会的な背景については、従来の音楽史研究ではあまり深く触れられてこなかった部分があります。この点において、音楽人類学は新たな視点を提供します。音楽人類学は、音楽を単なる芸術の形式としてではなく、それが生まれ育った文化の一部として捉えることを促します。では、このアプローチは具体的にどのような洞察をもたらすのでしょうか? 吉岡政憲 「音楽史・音楽学・人類学: 西洋音楽史研究としての音楽人類学」(2024) を参考にこの点について検討します。

音楽人類学の概要

音楽人類学は、伝統的な音楽史学のアプローチを拡張し、音楽を文化的および社会的文脈で考えることを目的としています。音楽作品を単なる創造物としてではなく、それらが生み出された具体的な状況や交流の中での人々の行動や相互作用を通じて評価しようとします。この分野では、音楽は単に記譜されたノートやパフォーマンス以上のものと捉えられ、その制作や鑑賞が行われる文化的環境に焦点を当てます。

音楽人類学においては、音楽を通じた人々の生活や経験が重要であり、このアプローチは音楽が持つ社会的な役割や文化的な意味を理解するために役立ちます。この学問分野は、音楽が個々人やコミュニティにどのように作用し、文化的アイデンティティや社会的関係を形成するのかを探求します 。

総合的に、音楽人類学は、音楽作品の分析だけでなく、その作品がどのように人々の間で機能し、社会的・文化的なコンテクスト内でどのように経験されるかについての理解を深めることを目指しています。これにより、音楽が単なる芸術形式以上のもの、すなわち人々の生活や社会構造に深く根ざした現象として扱われます。

西洋音楽の「ローカル」としての特性の理解

さて、吉岡 2024 では、西洋音楽が世界の多様な音楽文化の中の「一つ」であるという視点を提示します。西洋音楽が持つ自律性、つまり記譜法によって表現される独自のスタイルが、実はその地域特有のものであることを強調しています。この視点は、音楽を普遍的なものとしてではなく、ある特定の文化圏内でのみ理解されるローカルな表現として捉え直すことを可能にします 。

音楽作品の文化的コンテクストへの再配置

伝統的な音楽史では主に音楽作品そのものの分析に重点を置いてきましたが、音楽人類学のアプローチにより、その作品が生まれた時代や社会の状況、さらには他の文化との交流など、より広い文化的コンテクストが考慮されるようになります。吉岡 2024 によれば例えば、モーツァルトやベートーヴェン、あるいはラヴェルやフォーレの作品を、単なる音楽作品としてではなく、彼らが生きた時代の社会や文化との関連性を理解することで、新たな解釈が可能になります。

モーツァルトの場合

モーツァルトは18世紀のウィーンで活躍した作曲家であり、彼の音楽は啓蒙時代の理想や社会的変化を反映しています。例えば、彼のオペラ「フィガロの結婚」は、社会階級に関する風刺が込められており、当時のウィーン社会の階級制度や権力関係を浮き彫りにしています。このオペラにおいて、モーツァルトは音楽を通じて社会的なメッセージを伝え、聴衆に対して階級制度に疑問を投げかけるよう促しています。音楽人類学的な分析を行うことで、このような作品が単なるエンターテイメントではなく、社会的な批評であったことが理解できます。

ベートーヴェンの場合

ベートーヴェンの音楽は、個人主義の台頭やロマン主義の始まりといった文化的な動きを背景に持っています。彼の作品、特に「運命」や「英雄」などの交響曲は、個人の自由や内面的な情熱を象徴しており、当時の社会が体験していた政治的な動揺や個人の自己表現の重要性を反映しています。ベートーヴェンは、彼の音楽を通じてリスナーに強い感情を呼び起こし、自己実現の可能性を探るよう促しました。これらの作品を音楽人類学的に分析することで、それがどのようにしてリスナーの内面と対話し、当時の社会的な課題に対処していたのかを明らかにすることができます。

このように、モーツァルトやベートーヴェンの作品をただの音楽作品としてではなく、彼らが生きた時代の文化的・社会的な文脈の中で解釈することは、音楽が持つ多層的な意味や影響をより深く理解するための鍵となります。音楽人類学は、これらの作品が持つ文化的な価値や社会的なメッセージを掘り下げ、その時代の人々にとって音楽がどのような役割を果たしていたのかを明らかにする手助けをします。

吉岡 2024 では他に、ラヴェルとフォーレも取り上げられています。それぞれの事例を紹介しましょう。

ラヴェルの場合

モーリス・ラヴェルは、フランス音楽の革新者として知られていますが、彼のキャリアにおいて注目すべきは、1905年の「ラヴェル事件」です。この事件は、ラヴェルがローマ賞を受賞するための審査で落選し、その結果が公的な抗議と論争に発展したことを指します。ラヴェルの音楽スタイルと革新性が、当時のパリ音楽院の保守的な態度と対立したことが事件の背景にあります。この出来事は、音楽の自律性と、文化的権威との緊張関係を示しており、ラヴェルの作品とその時代の音楽教育の状況を分析する際に重要な事例となります。

フォーレの場合

ガブリエル・フォーレは、ラヴェルの時代よりも少し早く、1896年からパリ音楽院の院長を務めました。フォーレは、音楽院のカリキュラムに多くの改革を加え、より創造的で表現豊かな音楽教育を推進しました。フォーレのリーダーシップ下での改革は、フランス音楽の教育における新たな方向性を示し、後の世代の作曲家たちに影響を与えました。フォーレ自身の作品にも、彼が推進した教育改革の理念が反映されており、その音楽が持つ繊細さや表現力は、新しい音楽教育の成果と見ることができます。

西洋音楽史の再解釈

音楽人類学は、西洋音楽史を再解釈するための道具を提供します。音楽が単に芸術的な成果物としてのみならず、その創造された社会的、歴史的な文脈の中で評価されるべきであるという考え方を導入します。このアプローチは、音楽史研究に新たな次元を加えることを目指しています。音楽作品がどのようにしてその社会や文化の中で意味を持ち、影響を与えてきたのか、という問いに答えることができるようになるのです 。

「音楽史・音楽学・人類学: 西洋音楽史研究としての音楽人類学」を通じて、西洋音楽史研究における音楽人類学の役割と可能性を考察することができます。音楽を単なる音の配列としてではなく、文化的な表現として捉え直すことにより、私たちは音楽の新たな価値を発見し、より深く理解することが可能になるでしょう。

さて、ここからは私自身の意見ですが、音楽人類学の視点は、特に18〜19世紀における西洋の音楽美学と関連した議論の進展に位置していると考えられます。この時代の音楽美学は、音楽の研究方法や評価の枠組みについて根本的な問いを投げかけており、その議論は現代の音楽人類学においても重要なテーマとなっているのではないでしょうか。

18〜19世紀の音楽美学の問いと音楽人類学の接点

18世紀末から19世紀にかけて、西洋音楽美学は大きな変遷を遂げました。この期間に、芸術の自律性や感情表現の価値が新たに強調されるようになり、音楽は模倣の対象から独自の美学的地位を確立しました。ロマン主義の流れの中で、音楽はその非表象的、非言語的な特性によって他の芸術形式と区別され、絶対音楽の概念が台頭しました。

絶対音楽の理念と形式主義

19世紀の音楽美学では、特に楽器音楽が音楽の理解の鍵とされ、その形式的な側面が重視されました。形式主義は、音楽を評価する際に、それが想起させるイメージや感情、概念を重視することなく、音楽自体の形式的な側面を評価することを提唱しました。この視点は、音楽の美学的価値を音楽自体の構造とその純粋な聴覚的体験に求めるものでした。

アドルノと音楽の社会批判

20世紀になると、音楽の社会的な役割とその自律性との関連が問われるようになりました。テオドール・W・アドルノは、音楽がいかにして社会批判の手段として機能するかを探求し、音楽作品の社会的な文脈との関係を強調しました。

音楽人類学における現代の問い

これらの歴史的な議論は、音楽人類学が直面する現代的な問題に関連しているようです。音楽人類学では、音楽を文化的な表現としてどのように理解するか、また音楽が個人や社会にどのように影響を与えるかに焦点を当てています。これにより、音楽を単なる音の配列としてではなく、その社会的、文化的な文脈の中で評価し、解釈する新たな視点が提供されています。

音楽人類学の視点は、18〜19世紀の音楽美学が提起した問いの現代版とも言えます。この視点から、音楽は単なる芸術の形式を超えて、文化や社会との対話を促す手段としての役割を担っていると考えられます。

音楽人類学とミュージッキング

音楽人類学の方法は音楽をより深く理解する上で意義がありますが、音楽を作品やテクストとして捉えることに重点を置くことから脱しきれていないようにも思えます。音楽を一つの活動や文化的実践として捉え直すことで、より豊かな音楽理解が可能になるのではないでしょうか。クリストファー・スモールの提唱する「ミュージッキング」の概念は、この新たな視点を提供してくれます。

ミュージッキングとは何か?

ミュージッキングは、「音楽をすること」全般を包含する概念であり、演奏するだけでなく、聴くこと、練習すること、作曲すること、さらにはコンサートのチケットを切ることや楽器を運ぶことまで含まれます 。音楽活動におけるあらゆる形態の参加と貢献を認め、それを音楽文化として評価することを目指しています。

音楽人類学におけるミュージッキングの導入の意義

音楽人類学が作品中心のアプローチにこだわることなくミュージッキングの概念を取り入れることで、音楽の研究や評価を一層広げることができるでしょう。これにより、音楽の「作られる過程」や「体験される文脈」に光を当てることが可能となり、音楽が単なる音のテクストではなく、その場その場の文化的実践としての価値をも評価することができるようになります。

スモールによると、ミュージッキングは音楽を「実践する行為」に焦点を当て、演奏される音楽よりもその音楽が演奏される行為そのものに重要な意味を見出すものです 。このような視点は、音楽を通じて人々がどのように互いに関わり合い、文化を形成していくかを理解する上で極めて重要です。

音楽人類学がミュージッキングの概念を取り入れることで、音楽の多様な社会的・文化的役割をより包括的に捉えることができるようになり、音楽学の新たな地平を開くことに寄与するでしょう。

音楽と文化の交錯:音楽人類学による西洋音楽の再評価

音楽人類学のアプローチを通じて、西洋音楽が単なる芸術的成果ではなく、文化的・社会的文脈に根差した現象であることが明らかになります。吉岡 2024 を基に考えれば、西洋音楽はその「ローカル」な特性を通じて、特定の文化圏内でのみ完全に理解され得る表現として位置づけられます。この観点から西洋音楽を見直すことで、それが持つ普遍的価値と地域特有の価値のバランスを再考することが可能です。

さらに、音楽人類学は音楽がどのようにしてその時代の文化や社会に影響を与え、また反映していたのかを解明するための重要な鍵を提供します。モーツァルトやベートーヴェン、ラヴェルといった作曲家の作品を、単なる音楽のテクストとしてではなく、彼らが生きた社会との対話の産物として評価することで、新たな音楽の解釈が可能になります。

このような分析は、音楽作品自体の理解を深めるだけでなく、それが生み出された文化的な状況との間の相互作用を明らかにすることにより、音楽がどのように文化や社会に寄与しているかを理解する手助けをします。音楽人類学は、音楽が持つ文化的な力を明らかにし、その社会的な役割を再評価するための貴重な手段を提供します。

最終的に、音楽人類学による洞察は、音楽が単なるエンターテイメント以上のもの、すなわち人々の生活や社会構造に深く影響を与える文化的実践であることを確認させてくれます。この視点は、西洋音楽を新たな光で見ることを可能にし、音楽研究の新たな地平を開くことに寄与するでしょう。


経済的逆境と音楽の相関関係: ポジティブな音楽が増える理由

危機時に人々がどのように音楽を選ぶのか、そしてその音楽が私たちの心にどのような影響を与えるのでしょうか? この記事では、経済的および社会的逆境の中での音楽の選択に焦点を当て、ポジティブな選択がどのように私たちの心理的、感情的な状態に作用するかを探ります。

続きを読む

Elektron Digitakt II: 革新的な音楽制作ツール

(出典: 公式サイトより)

Elektronは、高機能なドラムマシンとサンプラーであるDigitaktの最新モデル、Digitakt IIをリリース。初代モデルの欠点を克服し、大幅なメモリ強化とステレオサンプリングを特徴としています。この新しいモデルは、より柔軟なオーディオおよびMIDIトラックのハンドリングを実現し、プロデューサーやミュージシャンにとって魅力的な選択肢となっています。

続きを読む

音楽と人権の対話: 時代を超えた影響の探索

音楽は単なるエンターテイメントではありません。歴史的に見ても、音楽は常に社会的、政治的メッセージの伝達手段として重要な役割を果たしてきました。特に、人権という観点から音楽を考察すると、その力はさらに鮮明になります。では、音楽と人権が交差する点にはどのようなものがあるのでしょうか? 今回の記事では、論文『SCRIPTS Working Paper No. 39』を基に、第二次世界大戦以降の音楽が人権にどのように影響を与えてきたのかを詳細に探ります。

続きを読む

音楽の基礎を再考する: 音律論の新たな展開

音楽を構成する要素の中で、音律は特に基本的かつ不可欠なものです。しかし、現代の音楽理論はしばしば平均律の枠内で教えられ、その他の音律についての理解はあまり深くないのが現状です。音律論と音楽理論の交差点にはどのような意義が存在し、私たちは音楽をどのように理解し、感じるべきでしょうか?今回は、「音律論から見た音楽理論の問題点」という論文を基に、これらの問題を詳しく掘り下げていきます。

続きを読む

畏敬、楽しみ、悲しみ: 音楽が喚起する三つの感情の科学

音楽が我々の道徳感情にどのように影響を及ぼすのか、そして、特定の音楽が畏敬、楽しみ、悲しみといった感情をどのように喚起するか、このテーマについて掘り下げてみましょう。音楽と感情の関係は、多くの研究者によって長年にわたり探求されていますが、最近の研究「道徳感情を喚起する音楽刺激の感情評価」(2024) では、音楽が個人の心理状態に及ぼす影響を新たな視角から評価しています。

続きを読む

音楽の「不快さ」は測定可能か?

音楽と人間の感情は、切っても切り離せない関係にあります。音楽は喜びや悲しみ、安らぎや興奮など、幅広い感情を呼び起こす力を持っています。しかし、すべての音楽体験がポジティブなものだけではありません。時には、特定の曲やジャンルが不快感や嫌悪感を引き起こすこともあります。では、この「音楽による不快感」は、どのようにして測定し、理解することができるのでしょうか?

続きを読む

音楽と生態学: リチャード・パワーズの小説を通じて

音楽と生態学、この二つの分野は一見すると関連性が薄いように思えるかもしれません。しかし、音楽が人間の感情や社会に与える影響を考えると、その力は計り知れません。一方で、生態学は我々の生活環境や自然界の維持に不可欠な学問です。では、これら二つを結びつけるものは何でしょうか? この疑問に答える手がかりを、リチャード・パワーズ Richard Powers の小説を通じて探ります。

続きを読む

最適化から生まれる音楽: デジタル時代のアーティスト戦略

音楽制作とは、感性と技術の融合であると言えます。しかし、現代の音楽産業では、デジタル技術の進歩により、最適化戦略が制作プロセスに深く組み込まれるようになりました。「音楽制作における最適化戦略と創造性」とは、このような技術進化がミュージシャンの創造性にどのような影響を与えているのか、そしてそれらが相反する要素なのか、それとも相乗効果を生むのかを探ることを指します。

続きを読む

日本語的演奏が問う、西洋音楽の新たな可能性

西洋音楽が日本に伝わって以来、独自の解釈と演奏法で日本独特の「色」を加えてきました。「西洋音楽の日本語的演奏」とは、一体どのようなものなのでしょうか? この記事では、大久保賢氏による論文「西洋音楽の日本語的演奏について」(2024) を深掘りし、日本での西洋音楽の受容と演奏がどのように特有の発展を遂げてきたのか、その過程と特徴を探ります。また、その上で、大久保氏の意見に別の視点も加えたいと思います。

続きを読む

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク