メロディー型ラップをボカロで再現する際は, リリックの「言葉」のアクセントと, メロディー, DYN を対応させよう

DTM とサイト更新の両立をはかるために, DTM 中に気付いたことや, 進捗状況メモのために, DTM 作業記録みたいなのを書いています.

今回の記事は, 前回の記事と関連しています.

続きを読む


Lil Yachty っぽいフロウをボカロで作ろう!?

相変わらずボーカロイドでラップを制作しています. 初音ミクを使用したミクステ, その名も『みくすて!』を完成させるためです. で, 9 月 23 日に,「みくみくにしてあげる」公開 10 周年として, 同曲のラップアレンジを投稿しようと思ったんですが, 見事に間に合いませんでした. 続きを読む


2017 年, 最悪・最凶な新人ラッパーによるデビュー作: Lil Pump『Lil Pump』

2017 年に入り, サウンドクラウド・ラップというムーブメントが注目を集めていまして (この言葉自体は, 2016 年以前から使用されてはいるんですが), 今年は 「ヒップホップ界のカート・コバーン」こと Lil Peep だったり, ロックとヒップホップの精神を完全に混血にした XXXTentacion だったりが高い評価を得ています. また先日 9 月 30 日には, 本記事のメインテーマである Lil Pump の盟友でもある Smokepurpp もミクステを発表しました. 続きを読む



オリジナル楽曲の再生数を爆上げする方法 (絶対に真似しないで下さい)


週末 DTMer にとっての楽しみの 1 つとして, 自作曲のアクセス解析がありますね. 要するに, Soundcloud でもBadcamp でも, 自作楽曲をアップロードできるプラットフォームならなんでもいいんですが, 作成したオリジナル楽曲の再生数をチェックして, 一喜一憂する, ていうヤツです. バンドキャンプなら, 売り上げなんかも気にしたいところです. 続きを読む


ボーカロイドは心がないから感動できない?: ボカロの歌と人間の歌の決定的な違い

「ボーカロイドは機械なので心がなく, 人を感動させることができない」という考え方への反応が, Twitter などでほのかに賑わっています.

この考え方への反応はおおむね否定的です. ボーカロイドは心がないから人を感動させられないというのは誤りだ, ということです. わたしもこの立場, つまり, ボーカロイドは人を感動させられる, という立場には賛成です. この記事では, ボーカロイドは人を感動させることができない, という考え方に対する反対の立場を整理したいと思います. そして可能かもしれない擁護の立場もまとめることにします. また, 「ボーカロイドは心がない」という事実から出発した, ボーカロイドと人間の歌の決定的な違いについても, 考えてみることにします. 続きを読む



ASSemble @渋谷 Roots (9/17) に DJ & ラッパーとして出演します!

おっさんは集合し、集合したおっさんは離散する。いくつも集合と離散を繰り返した男たちは、やはりまた
結合する。
2016年様々な思惑を振り払いながら離散したテクノパーティ「lantern」のメンバーを中心に、
「テクノ」にとらわれずにより奔放でフリーキーかつおっさんの渋みを効かせたパーティを爆誕させる。

それが、「ASSemble」。(ASSemble 20170917 より)

続きを読む


祝! 初音ミク 10 周年! 新曲「Why to VOCALOIDRAP」を公開しました

8 月 31 日は, 多くのボーカロイドユーザーにとってとても特別な日で, というのもボカロ・ブームの火付け役になった初音ミクが今から 10 年前の 2007 年のこの日に発売されたから. もう 10 年になるんですね〜. ほんのこの前に発売されて, ブームが来て, ていう印象なので, なんだかすごく早く感じてしまいます. 続きを読む


初音ミクを使用した楽曲の良さが未だに分からない

初音ミクに独自の音楽とは何か, あるいはボーカロイドに独自の音楽とは何か, という疑問は, 実際に初音ミクを購入して使用する前から持っていました.

流行りましたからね. 否が応でも, 音楽が好きなら誰でも, 初音ミク発売以降, ボーカロイドを始めとする歌声合成ソフトの話題が目についてしまう, と言っても過言ではありません.

ボーカロイドを使用した楽曲は, ボカロ曲と言われる. 何か, 初音ミク登場以前にはなかった新しい音楽の在り方のようなものが, 囃し立てられている. こうした風説を元に, ボーカロイド, あるいはこれに類似した歌声合成ソフトの使用された楽曲 (ボーカロイド以外の歌声合成ソフトを使用した楽曲も, 以下, この記事ではボカロ曲と総称します) をいくつか聴いてみる. でも, 自分の感受性が鈍感なためか, あるいは決定的に知識が足りないためか, ボカロ曲に有意義な新規性を見出したことはありません. 続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク