Roland GO: PIANO 88 は買いか否か

結論から言うと、「否」ですね。つまり、Roland GO: PIANO 88 は買うべきではありません。GO: PIANO 88 を買うなら、あと 2 〜 3 万円出して、別メーカーの電子ピアノのエントリーモデルを買うべきです。

GO: PIANO 88 の外箱

なぜ、Roland GO:PIANO 88 は買ってはいけないのか

以下、その理由を述べます。

最大の理由は鍵盤のタッチです。私もいちおう、アップライトでもグランドでも電子ピアノではないピアノを触ったことがあり、それに比べると、やはり安っぽさがあります。所詮「プラスチック」感ですね。

かといって「キーボード」みたいなタッチでもなくて、「どっちやねん」感が強いです。

鍵盤のバネの音が気になって仕方がない

その辺は目をつむれるかもしれません。「安っぽいな〜」と思いながらも、弾けなくはないでしょう。

もっと深刻な問題が鍵盤に関してあって、鍵盤のタッチというか、鍵盤のタッチに含んでもいいとは思うのですが、もうちょっとそれ以前の問題になるかもしれないのが…、鍵盤を叩いたときの「バネ」の音です。

おそらく、ピアノの鍵盤の「重さ」を再現するためにバネを入れていると思うのですが、全ての鍵盤ではないのですが、どうも弾いているとそのバネの「ビヨンビヨン」みたいな音が気になって気になって仕方ないです。

電子ピアノを購入した理由の 1 つが、夜間の練習なのですが、ヘッドフォンを付けて練習しても、鍵盤に内蔵されているバネの「ビヨンビヨン」音が聴こえてくることがあります。

ヘッドフォンを付けずに、スピーカーから微弱な音量で弾いた場合は、確実に「ビヨンビヨン」音の方が大きいです。

これはかなり深刻で、本意気で練習をしようと思っても「ビヨンビヨン」音で萎えてしまうことでしょう。人によっては。

私は鍵盤は素人に近いので、ガリガリ弾くことはできないのですが、それでも「ビヨンビヨン」音が気になって仕方がないです。

もし内蔵音源が GO:PIANO 61 くらいたくさんは収録され得ていれば、もしかしたら「ビヨンビヨン」音を許せるかもしれませんが、内蔵音源は GO:PIANO 61 に比べて極端に少ないです。

それでも、いちおう、88 鍵盤を部屋に迎えられたことは喜びであり、部屋にある 88 鍵盤を目にするたびに、けっこう心が踊るのですが、いざ練習し始めると「ビヨンビヨン」音にがっくしきてしまいます。

あと 2 〜 3 万出して、他メーカーのエントリーモデルを買いましょう

ということで、GO: PIANO 88、Roland 製品だと思って安心して買うと痛い目に遭います。「1 台目のお試しピアノ」がほしいのであれば、せっかくなのであと 2 〜 3 万円を出して、他メーカーの電子ピアノのエントリーモデルを買いましょう。

ということで GO: PIANO 88 の使い道としては、PC とつないで MIDI 鍵盤として、というところですかね。いままで MIDI 鍵盤はミニ鍵盤しか持っていなかったので、フルサイズの鍵盤で打ち込みなどできるのは楽しみです。まだ試してはないのですが。

GO: PIANO 88 を買った理由

さて、ここからは余談ですが、私がなぜ Roland GO: PIANO 88 を買ったのかについて。

いくつか理由がありまして、まず、単純に 88 鍵盤がほしかったこと。自分の部屋に置きたかったこと。

夜も演奏できる、という点で、電子ピアノにしたかったですね。

ただ、10 万も 20 万もは予算オーバーなので、手頃な価格を探していました。

それで、いろいろ探していたら Amazon で売っている謎メーカーの電子ピアノにプラス 1 万円くらいで Roland 製の 88 鍵盤が売っているのを見つけて「コレだ!」と思いましたね。

だって Roland ですよ?

良い製品だと疑うわけないですよね?

箱を開封したところ

それが結果、「ビヨンビヨン」音が残念でした。

ちなみにイシバシ楽器で、セットで買ったのですが、スタンド、ケース、椅子、それからヘッドフォンが付いているセットで。

自部屋に設置した GO: PIANO 88

ヘッドフォンも Roland 製でしたね。ちょっと感動しました。まだヘッドフォンは試してないのですが。

あと、椅子は、どこのメーカーか分からないのですが、折り畳み式ですっきりしまえるタイプでした。ちょっと感動です。

せっかくスタンドも買ったので、他のキーボードなど購入したいですね。

狙っているのは MPC Key 61 です。

MPC Key 61 、めちゃくちゃほしいのですが、スピーカー内蔵型とか、88 鍵バージョンとか、そのうち出てきそうでまだ手を出せずにいます。

来年いっぱい、新しいモデルが出なかったら買いですかね。



野外音楽フェスにおけるコロナ対策の実情: フジロック ’22 のケース

フジロック ’22 に 1 日だけ行ってきました。29 日、Jpegmafia と Hiatus Kaiyote が目当てです。

運営側はちゃんと検温・消毒などの対策を取っていていると事前アナウンスしてましたし、去年もクラスターが発生した例はないということで、行っても大丈夫かな、と判断しました。

続きを読む



ソーシャルディスタンス、さよなら: Jpegmafia、フジロック 1 日目にしてベストアクト級パフォーマンス

【2022 年 8 月 3 日 追記】

フジロックに 1 日参加した結果、陽性接触者時間が 8 時間になりました。

フジロック 2022 に 1 日参加した結果、陽性者との接触時間は?
フジロック 2022、イベント自体が良かったのかそうでなかったのかの判断はここではしませんが、私が行った 29 日、Jpegmafia や...

この点を踏まえ、本記事をお読みください。


はっきり言って最高だった。断言しよう。このあとどんなアクトが出ても、今年のフジロックベストは jpegmafia だ。いままで観たどのフジのステージよりも良かった。いや、人生で最高のステージだったかもしれない。

続きを読む

【音楽書 新刊】デール・パーブス『音楽と人のサイエンス: 音が心を動かす理由』

アメリカの神経学者デール・パーブスによる 2017 年の著作が翻訳されニュートン・プレスより発売。邦題は『音楽と人のサイエンス: 音が心を動かす理由』(原題: Music as Biology: The Tones We Like and Why)。

音楽と科学をテーマにした書籍はたくさんありますが、本書は人間と音楽の関係を研究するために生物学的アプローチがとられています。

続きを読む

ブログの方向性、久しぶりに変えます!: 個人のキャラをもっと打ち出していきます!

ここ数年は、なるべく自分の色というのを隠して、コラム的な文章も書くけど、どちらかというと淡々と音源紹介をしたり、ていう方向性でブログを運営したいなあ、と思って、続けてきました。意図通りに運営できていたかどうかは分かりませんが。

あまりその、自分のキャラみたいなのを打ち出すのは、カッコ良くない、と思ってたんですね。よくあるじゃないですか。記事の最初に自分の名前を入れる、みたいなノウハウ。あれちょっとカッコよくないんじゃないかな、と思ってました。それで、ここ数年、なるべくそういう、個人の・私のキャラというのを出さないつもりで、記事を作成していたのですが、ここらで一回、自分のキャラをもう少し出した文章を書いていこうかな、という方向性にします。

続きを読む

MPC Live 2 内部容量の調べ方

MPC Live 2 を、 私は「持ち歩ける DAW」と呼んでいます。 それほど多機能で、音楽制作に必要なワークフローをこれ 1 台でほぼ完璧に完了できるくらい なのですが、その分、操作を覚えるのに、少し時間がかかります。 特に、DAW などの経験が全くない場合はそうです

続きを読む

私たち音楽ファンはウクライナのために何ができるか

「やっちまったな、プーチン」。

「ひるおび」で速報が伝えられたとき、思わず Twitter にそう書き込みました。おびただしい数の速報が流れてくるなかですでに記憶は曖昧になってしまいましたが、確か「ひるおび」で伝えられたのは、キエフで爆発音が聞こえたという速報でした。そこから、速報、速報、速報。海外のニュースではこのように伝えられています、アメリカではイギリスでは、このように伝えられています。国連ではウクライナの大使がロシアの大使に対し、非難を表明、そしてプーチンの実質「開戦宣言」が発表されました。

続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク