Kダブはもともと陰謀論好きだった

Kダブが Black Lives Matter を批判している、という内容の投稿を、reddit で見たんですけど、

おそらくKダブは、BLM = Black Matter Lives 問題で暴力的行為が行われているのが残念だ、と言いたいんでしょう。それはそれで一理あると思うのですが、どうもキナ臭いのが、Kダブがどうも、2020 年のアメリカ大統領選における陰謀論を信じちゃってるかもしれない、てことなんですよね。

私はいま、積極的な Twitter の利用をしていないので、K ダブのツイートを細かに追ってないんですが、磯部涼の言っていることが正しいのであれば、本当に残念ですね。

K ダブの音楽性は本当に素晴らしいし、私自身、音楽制作において K ダブからの影響は大きかったです。特に私のボカロラップ作品は、K ダブなしには成立していませんでした。

K ダブの音楽がいかに素晴らしいかについては、

といった記事を参考にしてほしいし、私が自身の作品においていかにKダブからの影響を受けたかについては、

を聴いてもらえたら明確に分かるんですけど、確かに、K ダブの音楽性は本当に素晴らしいし、今の日本のヒップホップは K ダブ無しには絶対に成立しなかったと確信しているんですけど、一方で、K ダブの歌詞については、ちょっとどうかな〜〜〜、と思うところがあったんですよね。ちょっと陰謀論クサいというか。『凶気の桜』の一連の楽曲とか、宇多丸とコラボした「物騒な発想」とかもそうなんですけど、陰謀論っぽい内容が気になっていたというか。ガッチガチに韻を踏むところなんかは、本当に天才的なんですが。

ちょっとこの K ダブ、陰謀論好きおじさんなんじゃないかな〜〜〜? て思ってたんですけど。

K ダブがそもそも陰謀論好きおじさんなのでは? というのは、この楽曲で

ほのめかしたんですけど、今回の Q ダブさん化で、確信しましたね。

政治的立場とか、そういうのが確固としてあるのではなくて、単に陰謀論っぽいのが好きなだけ。「陰謀論っぽい「真実」」を知ると、右も左もなんもなくて、すぐ飛びついちゃう。だから『凶気の桜』のときには、白人が戦後日本を操ってたと言いつつ、今回は Q ダブさん化してしまう。

そもそも、ガッチガチのミュージシャンに、確固たる政治的な意見を求める方が間違っているんですけどね。ミュージシャンはミュージシャン。音楽のプロであって、政治のプロではない。ミュージシャンが政治的発言をするのは自由。それは、ミュージシャンだってふつうの職業だから、サラリーマンが酒の席で政治談義をするのと同じ。サラリーマンになくてミュージシャンにあるのは、ステージで、ミュージシャンだったら、ステージで政治的発言もできる。けど、私たちが気を付けなければならないのは、ミュージシャンは政治的発言をするのは自由だし、それを作品に反映するのも全然かまわないんだけど、その政治的発言を真に受けてはいけない、ていうことですね。やっぱり、社会、政治についてはね、ミュージシャンじゃなくて、その道のプロの本を読みましょうよ、という話です。

だから、「昔の K ダブならこんなことは言わなかった…」じゃなくて、そもそも K ダブはプロのラッパーで政治家でも社会学者でもないんだから、ずーっと一貫して K ダブの政治・社会的発言はデタラメだ、それは歌詞も含めてそうだ、ていうことですよ。逆に言うと、デタラメなことを言っても、音楽がカッコよければ、それで成立するんですよね。

これ、いつも思うんですけど、不倫ばっかりしているミュージシャンが甘いラブソングを歌ってもそこまで問題にならないのに、政治的にデタラメな発言をしているミュージシャンが「世界を救おう!」て歌ったら顰蹙買うの、なんなんですかね?

音楽がカッコ良かったら、発言内容とか、歌詞の思想的側面とか、問題にならないですよ。大袈裟なことを言ったら、ワーグナーがそうですよね?

ただ、本当に残念なのは、K ダブが全然、新曲を出さない、ていうところなんですよね。客演はしているみたいなんですけど。今回の件についてもね、一発バーッンとね、新曲を出してくれたら、多くのヒップホップファンは、それで黙ると思うんですよ。Uzi の客演の楽曲も聴きましたよ。めっちゃいいじゃなですか。めっちゃカッコいいですよ、K ダブ。Twitter でぐちぐち言ってないで、自分名義の楽曲を出してくださいよ。アルバムを出してくださいよ。

K ダブが嫌いな般若は、K ダブがアルバム出していない間に、何枚も出してますよ。

これに関しては Zeebra も同じで、リスナーとして言いたいこといっぱいあるんですけど、収まりそうにないから、いったん、置いておくとして。

Zeebra の不倫を始め、一昔前のラッパーの底浅さが明るみになったり、KOHH の引退もあったし、2020 年は、日本のヒップホップにおいて、1 つの節目になったかもしれないですね。

KOHH はね、K ダブの影響を受けてますよ。YouTube のインタビューなんかを観なくても、

楽曲を聴けば分かりますよ。それで今、KOHH の影響を受けたラッパーが雨後の竹の子状態ですよね。K ダブの影響はやっぱりデカいんですよ。

だから本当に残念でならない。K ダブ、今回の Q ダブ化を訂正する必要はないんだけど、ちゃんと新曲を出してほしいし、新曲が出たらみんな、納得するはず。歌詞の内容がデタラメでも。Zeebra も不倫謝罪フリースタイルをするべきなんだよね。それはいいとして。

そこをできるか。50 歳を過ぎて、世間からディスられたとき、ちゃんと楽曲でレスポンスできるか。ここをクリアできたら、日本にヒップホップがもっとちゃんと定着すると思うんですよ。

新世代にも期待しています。

同時に、日本人が 50 歳、60 歳になったとき、どういったラップをするのか。

聴かせてくださいよ、俺らに。


必要な蛇足: 映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』評

TV アニメシリーズが完璧すぎると、その後「映画化!」と言われても、「大丈夫か?」てなってしまいますよね。けど同時に、やっぱり好きな作品だと、うれしかったりするものです。TV シリーズがほぼほぼ理想的な終わり方をして、ちょっと「含み」もありつつの最終回を迎えたとしても、新作映画と言われたら、すごく楽しみであると同時に、不安になるものです。

続きを読む

5 人の著者がつむぐ西洋音楽の「ストーリー」: 『つながりと流れがよくわかる 西洋音楽の歴史』

小畑 恒夫、岸本 宏子、有田 栄、石川 亮子、酒巻 和子という昭和音楽大の教員陣 5 人による著者が「ストーリー」重視の西洋音楽史本がアルテスパブリッシングより登場。264 ページとコンパクトで、価格は 2,200 円。10 月 28 日発売予定。

続きを読む

同時代の資料から解き明かすブラームスの演奏意図:『ブラームスを演奏する』

19 世紀ドイツの作曲家、ピアニストであるブラームスの演奏意図を、同時代の資料から解き明かす、ブラームス演奏者にとっての必携書の翻訳が登場。音楽之友社から 10 月 27 日に発売予定。全 104 ページで価格は 2,200 円。

続きを読む

上下巻合計 600 頁超のメシアン伝記: 『伝記 オリヴィエ・メシアン: 音楽に生きた信仰者』(上)(下)

20 世紀を代表するフランス人作曲家であるメシアンの自伝が上下巻で 10 月 23 日に音楽之友社より発売予定。著者はイギリスの音楽学者、ナイジェル・シメネオとピーター・ヒル。翻訳は東京音楽大学教授の藤田茂。原著は Hill, Peter, and Nigel Simeone (2005). Messiaen. New Haven and London: Yale University Press。

続きを読む

フィールドワークを通じて描き出されるエチオピア音楽のリアル: 川瀬 慈『エチオピア高原の吟遊詩人: うたに生きる者たち』

国立民族学博物館/総合研究大学院大学准教授で、映像人類学を専門とする川瀬慈による、フィールドワークに基づいてリアルなエチオピア音楽の姿を伝える音楽書が、音楽之友社から 10 月 27 日に発売予定 (価格は 3,000 円)。

続きを読む

秀和システムから音楽の科学の入門書: 岩宮眞一郎『図解入門 音楽の仕組みと科学』

コンピュータ・ビジネス書を中心に出版している秀和システムから、音楽の科学についての入門書『図解入門 音楽の仕組みと科学』が登場。著者は日本大学・芸術学部・音楽学科・特任教授 (九州大学・名誉教授) で工学博士の長年、聴能形成・サイン音・音の主観評価(音色、音質)・音と映像の相互作用・サウンドスケープなどを研究してきた岩宮眞一郎。1,700 円で 9 月 30 日に発売予定。

続きを読む

18世紀イギリス音楽史家によるヨーロッパ音楽記録、本邦初翻訳:『チャールズ・バーニー音楽見聞録』

チャールズ・バーニーは 18 世紀イギリスの音楽史家。主著『総合音楽史』を始め、多くの著作を残したほか、作曲家としても作品を発表しています。バーニーが当時のフランス、イタリア、ドイツを巡ったヨーロッパ音楽記録が、本邦初邦訳。ドイツ編とフランス・イタリア編の 2 巻に別れ、10 月に春秋社から出版予定です。

続きを読む

Zeebra は不倫謝罪ラップを公開しろ!

(出典: Yahoo ニュース)

Zeebra の不倫報道がね、あったわけですが。極論を言うと、仕方なくないですか? どういう人物であれ、やっぱり生物ですから、そういう状況になったら、止めたくても止められないわけですよ。殴られたら痛みを感じるのと同じなんですよ。大事なのは未然に防ぐこと、殴られないこと、つまりそういう雰囲気になりそうな場面を避けることですよね。ミュージシャンという職業上、一般的な例えば会社員に比べたら、そういう雰囲気になってしまう場面が多いと思いますが、「女遊びも芸の肥やし」的な考えが通用したのも今は昔です。やっぱりね、普段から大口叩くのが仕事みたいなところありますから、特に Zeebra さんの場合、しっかりそのあたりまで、未然に防いでほしかったところですね。だって、端的に格好悪いでしょう? 今の時代、不倫なんて。違法薬物濫用自慢や暴力自慢と同じで、不倫は今の時代、決してカッコいい行為ではないですよ。

続きを読む

バリトン歌手・合唱指揮者が解き明かす、人体の構造に基づいた発声メカニズム: 石野健二『歌と身体のメカニズム: 自然で美しい声を求めて 』

バリトン歌手、合唱指揮者、ヴォイストレーナーで宇都宮大学名誉教授である石野 健二による、人体の構造に基づいた発声のメカニズムを解説する『歌と身体のメカニズム: 自然で美しい声を求めて』が、アルテス・パブリッシングから 8 月 27 日に出版予定。

続きを読む

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク