Flower Face 、新曲「Cat’s Cradle」で紡ぐ執着と愛の微妙な狭間

カナダ、モントリオール出身のゴス・フォークソング・ライター、Flower FaceことRuby McKinnonが、心を揺さぶる新曲「Cat’s Cradle」を 4 月 5 日にリリース。この楽曲は、崇拝と執着の微妙な線に触れ、リスナーを深い感情の世界へと誘うよう。彼女の特徴的な穏やかなボーカルは、悲しみを帯びたストリングスと水のように流れるピアノの旋律と調和し、リスナーに深い感銘を与えます。

続きを読む


Beyoncé の新作のような音楽作品を作れる、日本人アーティストはいるのか

Beyoncé の新作『Cowboy Carter』のような音楽作品を制作できる日本人アーティストはいるのでしょうか。つまり、40歳そこそこで、20年近く第一線で活躍しており、人気もあり、リリースする楽曲がきちんと話題になり、チャートでのアクションも見られるようなアーティストで。

続きを読む

アフリカ発のレア・グルーヴ・ファンクで魂のヴァイブスを止揚する: V.A.『Congo Funk!』

Analog Africa が贈るアルバム『Congo Funk! – Sound Madness From The Shores Of The Mighty Congo River』は、アフリカ音楽の深淵へと誘う壮大な旅です。キンシャサとブラザヴィル、二つのコンゴ首都の音楽的風景から紡ぎ出された、約2000曲の中から選ばれし14曲が、このアルバムに収録されています。

続きを読む

音楽の多様性を深掘りするマルチモーダル音楽データセットの探究

音楽は、単に耳で聞くこと以上の深い体験を提供します。視覚、感覚、そしてその瞬間の心情まで、音楽体験は多様な要素によって形成されます。音楽のこのような複層的な側面をどのようにしてデータ化し、分析、そして新たな体験を創造することができるのでしょうか。

続きを読む



AI が実現する音楽産業の持続可能な未来

人工知能(AI)と音楽エコシステムの組み合わせが描く未来は、技術とクリエイティビティの融合により、音楽産業に前例のない変革をもたらすことが予想されます。この変革は、新たな創造性の可能性を開く一方で、アーティスト、プロデューサー、消費者、そして社会全体に、未知の課題と倫理的な問いを投げかけます。今回の記事では、音楽産業におけるAIの役割とその影響、そして未来に向けた展望について、Martin Clancy『Artificial Intelligence and Music Ecosystem』(2023) の Guy Morrow による書評を参考にしながら深掘りします。

続きを読む

音楽のDNA: 伝統音楽を通じて見る文化間の架け橋

音楽は、人々の間の見えない絆を織りなし、世代を超えて文化を伝える手段です。それは、特定のメロディーやリズムに込められた歴史と伝統によって、異なる文化圏間での共有された経験を生み出します。しかし、異なる文化の伝統音楽がどのようにして互いに関係しているのか、その「音楽のDNA」を科学的に解析し理解する試みは、一体どのような洞察をもたらすのでしょうか?

続きを読む

ポピュラー音楽の歌詞は過去50年間でどのように変化してきたのか

音楽は私たちの日常生活に欠かせない要素であり、歌詞は音楽を聴く際に重要な役割を果たします。しかし、歌詞の内容、その時間的進化、そしてジャンル固有の変動に関する複雑な関係は、まだ完全には理解されていません。この記事では、「ポップ音楽の歌詞は過去50年間でどのように変化してきたのか?」という疑問に答えるために、さまざまな歌詞の記述子を使用して、西洋のポピュラー音楽の英語歌詞のダイナミクスを調査した研究「Song lyrics have become simpler and more repetitive over the last five decades」(DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-024-55742-x)を紹介します。

続きを読む

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク