2011年のプレイリスト

2011年に発売され購入したCDアルバム(主にポップス)のなかから、特に印象深かったものを10枚挙げたい。

2011年のプレイリスト10枚

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

[1]Matthew Herbert 『One Pig』

ミュージック・コンクレートは、実験作品は、政治的作品は、そして、これらすべてを混合させた作品は、そしてテーマが豚は、エンターテイメントになりうるか。Matthew Herbert は挑戦するし、成功している。現時点でこのような作品を作り上げられるのは、彼だけ。2011年というより、数年に1枚現れる、人生のプレイリスト入り。

[2]第一宇宙速度 『GALAXY ONE』

すーぱーそに子に出会えて良かった。あなたがこの世に〈いないで〉いてくれて、良かった。あなたに会えたことで、俺はまだまだ生きていける。あなたの声は、まさにそのバンド名の通り、俺の精神と言う名の地球を第一宇宙速度で以って飛び出し、ただ、俺の精神の周りを衛星のようにゆっくり廻り、俺の心にバランスを満たしてくれるのだ。

[3]Steve Reich 『WTC 9/11』

「9.11」から10年。ライヒはミニマルとミュージックコンクレートという自身の得意な2つの手法で、この惨劇を音楽化した。不穏な音程で反復するストリングスや電子音に、ノイジーなボイスサンプルが挿入される。そのボイスサンプルに併せて、別のストリングが奏でられる。われわれの世界は、ずっと不穏なのだ。これを忘れてはならない。

[4]J. Rocc 『Some Cold Rock Stuf』

ダンスミュージックの手法が採られているため、反復性の高い = 踊れるトラックが多い、というか全曲踊れるのだけれど、DJ プレイに使い易い、というわけではない。けど、DJ で使える。DJ で使いたくなる。サンプリング性の高い EP を連発してきた DJ による、DJ にしか作ることのできない、現時点の J. Rocc の集大成的作品。

[5]Date Course Pentagon Royal Garden 『Alter War In Tokyo』

菊地成孔は戦っている。ポップスというフィールドでどこまで実験的でありつづけることができるのか、この点を追求している。この戦いは、いかに知的に音楽するのかを原動力としている。そして知的さがいかに自由へとつながるのか、また、肉体性を高めるのかをまざまざと示している。ジャズをするのではない。ジャズになるのだ。

[6]Dennis Coffey 『Dennis Coffey』

ロックは本来踊るものである。ファンクやブルースやロックやジャズや、といった、どのジャンルにも分類できるしどのジャンルにも分類できない、クラシカルだからこそ刺激的なロック。tr.1 のイントロで完全勝利。

[7]Cults 『Cults』

快晴、真夏のうだるような日射しの下、視覚も聴覚もはっきりしている。けど、意識はリバーブ = 朦朧としている。どこかで聴いたような、しかししっかり現在で、ただ不安に塗られた未来のような、幻聴が鳴り響いてくる。

[8]豊崎愛生 『Love Your Life, Love My Life』

最近は処女膜から声を出していないし、耳に精子がかかりそうなのだけれど。作家陣の豪華なだけあって、この作品のクオリティーはすこぶる高い。おそらく2011年に出された邦楽女性ポップスアルバムの中で最も価値の高い1枚。

[9]Pricilla Ahn 『When You Glow Up』

国内版のボーナストラックである “Country Road” だけで充分だ。残りの曲はこれのオマケに過ぎない、というのは言い過ぎか。 最小編成のオーガニックな音響が、日常にすっとよりそってくる。

[10]スーパーカー『Re: Supercar 1』

何と言ってもデモ音源を70分一枚にミックスした2枚目。雑だ、雑過ぎる。汚い、汚過ぎる。けれど、無垢だ。瑞々しく、そして眩しい。形になる前の音楽は、こんなにも素敵なのか。

次点

  • Nicola Conte 『Love & Revolution』

甘いコードとパンチの利いたビートが日常に華やかさを与えてくれる。しかも踊れるジャズアルバム。

  • コトリンゴ『Picnic Album 2』

ジェフ・バックリーやビョークやシックス・ペンス・ノーン.ザ・リッチャーや。選曲と声で買いだった。

次々点

  • DJ Shadow 『Less You Know The Better』
  • Prefuse73 『The Only Chapters』
  • Daedelus 『Bespoke』
  • Maia Hirasawa 『Maia Hirasawa』
  • LAMA 『New!』

その他、購入したCDアルバム

  • James Blake 『James Blake』
  • Every Little Thing 『Ordinary』
  • Bradberry Orchestra『Vol. 0』
  • 砂原良徳『Liminal』
  • スーパーカー『Re: Supercar 2』
  • ユニコーン『Z』
  • ユニコーン『ZⅡ』
  • Radiohead 『The King Of Limbs』

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク