1901 年の児童文学『Peter in Blueberry Land』を実験的かつ素朴なジャズで表現. Mika Pohjola & Johanna Grüssner『Peter in Blueberry Land』

Elsa Beskow『Peter in Blueberry Land』は, 1901 年に発表された児童文学. ピアニストで作曲家の Mika Pohjola が 16 曲の歌曲, 器楽曲で『Peter in Blueberry Land』を表現した作品が, ニューヨークのレーベル, Blue Music Group からリリースされます.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

アルバム情報

  • タイトル:『Peter in Blueberry Land』
  • アーティスト: Mika Pohjola
  • リリース: 4 月 28 日

この作品では, Johanna Grüssner によるコーラスとボーカルをフィーチャー. 演奏は, バロック・オーボエ, クラリネット, サックス, バイオリン, ピアノ, ベース, ドラムなどによるアンサンブル. 歌詞はすべて, 原作者 Elsa Beskow によるもので, スウェーデン語.

児童文学が原作の音楽, ということで, ぱっと聴き非常に素朴で, 美しいコーラスワークが特徴的です. が, ところどころジャズのドロっとした演奏が現れて, とても聴き応えアリ. オススメです!


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク