「 Pierre Boulez 」一覧

特集 = ブーレーズ: その音楽観を知るための 15 のキーワード ( 3 )

2016 年 1 月 5 日に, 90 年の生涯を閉じたブーレーズ.

ブーレーズの生涯や作品の解説などは他の web メディアにゆずるとして,

本記事ではブーレーズの音楽観を知るために, 現代音楽に関する 15 のキーワードを挙げ, それに関するブーレーズ自身の文章や, ブーレーズへの論評を集めました. 前回まではコチラ.

最終回の今回. キーワードは, 「即興」,「シュプレヒザング」, 「新古典主義」, 「開かれた形式」, そして「セリー」です. 続きを読む


特集 = ブーレーズ: その音楽観を知るための 15 のキーワード ( 2 )

2016 年 1 月 5 日に, 90 年の生涯を閉じたブーレーズ.

ブーレーズの生涯や作品の解説などは他の web メディアにゆずるとして,

本記事ではブーレーズの音楽観を知るために, 現代音楽に関する 15 のキーワードを挙げ, それに関するブーレーズ自身の文章や, ブーレーズへの論評を集めました. 前回はコチラ.

全 3 回を予定している 2 回目の今回. キーワードは, 「ヘテロフォニー」,「ホモフォニー」, 「ハイブリッド」,「微分音」そして「記譜法」です. 続きを読む


特集 = ブーレーズ: その音楽観を知るための 15 のキーワード ( 1 )

2016 年 1 月 5 日に, 90 年の生涯を閉じたブーレーズ.

ブーレーズの生涯や作品の解説などは他の web メディアにゆずるとして,

本サイトではあらためてブーレーズの音楽観を知るために, 現代音楽に関する 15 のキーワードを挙げ, それに関するブーレーズ自身の文章や, ブーレーズへの論評を集めました.

全 3 回を予定している 1 回目の今回. キーワードは, 「連続性/非連続性」,「偶然」, 「開かれた形式」,「電子音楽」「具体音楽」です. 続きを読む


20世紀後半の音楽(9)オペラ劇場破壊論

西洋音楽史、20世紀後半の9回目です。前回はコチラ

20世紀後半の音楽(8)ミニマル・ミュージック
西洋音楽史、20世紀後半の8回目です。前回はコチラ. さて今回は、アメリカ実験音楽の流派の1つ、フルクサス Fluxus から...

さて今回は、19世紀までにオペラと呼ばれていたジャンルが、第2次世界大戦後に創作されていったかを取り上げます。

続きを読む


20世紀後半の音楽(7)アレトリー、クラスター

西洋音楽史、20世紀後半の7回目です。前回はコチラ.

20世紀後半の音楽(6)アメリカ実験音楽: フルクサス
西洋音楽史、20世紀後半の6回目です。前回はコチラ. さて、今回取り上げるのは、アメリカ実験音楽です。アメリカでは、第2次世界...

さて、今回は、第2次世界大戦後のアメリカ実験音楽からの影響を受けての、ヨーロッパ音楽について取り上げます。

続きを読む


20世紀後半の音楽(4)テープ音楽・コンピュータ音楽

西洋音楽史、20世紀後半の4回目です。前回はコチラ.

20世紀後半の音楽(3)ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会
西洋音楽史、20世紀後半の3回目です。前回はコチラ。 さて、第2次世界大戦が終結すると、若い世代を中心に新しい音楽への渇望が起...

さて, 以前「20世紀前半(5)アメリカ実験音楽」でも取り上げた通り、20世紀に発達した電子工学は、電子音楽の発明など、新しい音楽の創造に深く関わりました。第2次世界大戦以降、電子工学と音楽の関係は戦前に比べどんどん発展していきます。 続きを読む


20世紀後半の音楽(3)ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会

西洋音楽史、20世紀後半の3回目です。前回はコチラ

20世紀後半の音楽(2)2つの世界大戦
西洋音楽史、20世紀後半の2回目です。前回はコチラ。 さて、20世紀「前半」に勃発した2つの世界大戦は、もちろん、音楽の歴史に...

さて、第2次世界大戦が終結すると、若い世代を中心に新しい音楽への渇望が起こりました。 続きを読む


20世紀前半の音楽(3)原始主義

西洋音楽史、20世紀前半の3回目です。前回はコチラ。

20世紀前半の音楽(2)新ウィーン楽派: 表現主義
西洋音楽史、20世紀前半の2回目です。前回はコチラ. 1.モダニズム さて、20世紀前半の西洋音楽をみていくに当り、その起点とな...

さて、今回取り上げるのは「原始主義」Primitivism と呼ばれる作曲家たちです。

1.原始主義

表現主義と同じく、原始主義もまた、印象主義の影響から表れました。

続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク