「 John Milton Cage Jr. 」一覧

20世紀後半の音楽(9)オペラ劇場破壊論

西洋音楽史、20世紀後半の9回目です。前回はコチラ

20世紀後半の音楽(8)ミニマル・ミュージック
西洋音楽史、20世紀後半の8回目です。前回はコチラ. さて今回は、アメリカ実験音楽の流派の1つ、フルクサス Fluxus から...

さて今回は、19世紀までにオペラと呼ばれていたジャンルが、第2次世界大戦後に創作されていったかを取り上げます。

続きを読む


20世紀後半の音楽(6)アメリカ実験音楽: フルクサス

西洋音楽史、20世紀後半の6回目です。前回はコチラ.

20世紀後半の音楽(5)偶然性・不確定性の音楽
西洋音楽史、20世紀後半の5回目です。前回はコチラ. さて、今回は第2次世界大戦後、半ば神格化されたケージ John Milt...

さて、今回取り上げるのは、アメリカ実験音楽です。アメリカでは、第2次世界大戦前から実験音楽が盛んでしたが、終戦後にどのように展開したのでしょうか。

続きを読む


20世紀後半の音楽(5)偶然性・不確定性の音楽

西洋音楽史、20世紀後半の5回目です。前回はコチラ.

20世紀後半の音楽(4)テープ音楽・コンピュータ音楽
西洋音楽史、20世紀後半の4回目です。前回はコチラ. さて, 以前「20世紀前半(5)アメリカ実験音楽」でも取り上げた通り、2...

さて、今回は第2次世界大戦後、半ば神格化されたケージ John Milton Cage Jr. を取り上げます。ケージはサティ Erik Alfred Leslie Satie と同様に、きわめて大きな影響力を持つ作曲家でした。

続きを読む


20世紀前半の音楽(6)アメリカ実験音楽

西洋音楽史、20世紀前半の6回目です。前回はコチラ

20世紀前半の音楽(5)エリック・サティ
西洋音楽史、20世紀前半の5回目です。前回はコチラ. 今回取り上げるのは、楽派ではなくエリック・サティErik Alfred ...

今回は、ヨーロッパではなく、20世紀アメリカの音楽を取り上げます。アメリカでは、ヨーロッパとは違った流れで新しい音楽が誕生しました。 続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク