バロック音楽(10)ソナタ

西洋音楽史、バロック音楽の10回目です。

本サイトの西洋音楽史全体の目次はコチラです。

また, バロック音楽の目次はコチラになります。

前回バロック音楽における器楽についてでした。

今回はバロック期に生み出された器楽ジャンルの1つである、ソナタ sonata を取り上げます。

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

1.語源

ソナタは、イタリア語で「鳴り響く」「演奏する」を意味するソナーレ sonare が語源です。16世紀に、カンタータ(声楽曲)に対して、器楽曲を表す語句として使用されるようになりました。

ただ、ソナタという用語は厳密ではないそうです。例えば、トッカータ toccata、コンチェルト concert、シンフォニア sinfonia、パルティータ partitaなどが、ソナタと呼ばれることもありました。

2.音楽的起源

ソナタの音楽的起源には、2つあります。

(1)1つは、イタリアで愛好されたフランス多声声楽曲シャンソン = カンツォーナ・フランチェーゼ Canzoni Franzeseの、鍵盤楽器またはリュートのための独奏用編曲です。

この、カンツォーナ・フランチェーゼの独奏用編曲は、インタヴォラトゥーラ intavolatura と呼ばれ、声部が別々の譜表を持つ多声声楽曲から鍵盤楽器用楽譜やリュート・タブラチュアに書き直すことで、声楽曲を器楽様式に適合させる意味も、実質的には含んでいます。

(2)2つ目は、インタヴォラトゥーラと同じスタイルで新しく作曲された器楽曲、カンツォーナ canzona(複数形がカンツォーネ canzone)です。

カンツォーナは、声楽に適した長音符を細かく分割したり、華やかな装飾を施すなど器楽独自の語法を用いて、器楽曲としての性格を確立していきました。

それと同時に、原曲のシャンソンにもともと含まれていた速度や、拍子の異なる部分の対比を一層強め、こうした部分を拡大し、楽章として独立させることで、17世紀前半に他楽章形式のバロック・ソナタが生み出されました。

3.編成上の分類

当時の一般的なソナタは、編成の点から

  • トリオ・ソナタ: 2声+通奏低音
  • ソロ・ソナタ: 1声+通奏低音

に分けられます。

チーマ Giovanni Paolo Cima は1610年に、ヴァイオリン・ソナタを作曲して、こうした編成に先鞭をつけていました。

4.楽章構成上の分類

ソナタはまた、楽章構成の点から、

  • 教会ソナタ: 緩-急- 緩-急の4楽章。第2楽章はフーガ、第3楽章は緩やかな3拍子。
  • 室内ソナタ: 速度や拍子の異なる同一調(もしくは同主調)の舞曲から構成される。アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグなどを含む。

に分けられます。

こうした分類は、1700年頃イタリアで定式化されましたが、以降、両者の区別は曖昧になっていっていきます。

5.作曲家

ソナタの名曲を残した作曲家としては先ず、コレッリ Arcangelo Corelli が挙げられます。

コレッリは、2本のヴァイオリンと通奏低音の為のトリオ・ソナタによる、教会ソナタと室内ソナタを残しています。

他には、イタリアでは、

  • ヴェラチーニ Francesco Maria Veracini
  • アルビノーニ Tomaso Giovanni Albinoni
  • ヴィヴァルディ Antonio Lucio Vivaldi

フランスでは、

  • クープラン François Couperin
  • オトテール Jacques-Martin Hotteterre
  • ルクレール Jean-Marie Leclair

ドイツでは、

  • ピゼンデル Johann Georg Pisendel
  • テーレマン Georg Philipp Telemann
  • ヘンデル Georg Frideric Handel
  • バッハ Johann Sebastian Bach

らが、ソナタの作曲家として知られています。

6.楽器

ソナタの楽器としては、先ずはヴァイオリンが上げられます。

その他には、

  • オーボエ
  • フラウト・トラヴェルソ
  • リコーダー

などが好まれました。

【参考文献】

  • 片桐功 他『はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで』
  • 田村和紀夫『アナリーゼで解き明かす 新 名曲が語る音楽史 グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで』
  • 岡田暁生『西洋音楽史―「クラシック」の黄昏』
  • 山根銀ニ『音楽の歴史』

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク