ヴィンテージ機材復刻格安アプリか, 高額フィジカル機材か… 音楽テクノロジーの未来は悩ましい! 週の音楽オススメ & 注目記事まとめ ( 5 月 1 日 – 5 月 7 日 )

今週の話題としては, テクニクスの SL-1200 の復「活」モデル 33 マン円と, Moog のヴィンテージシンセ復「刻」アプリ 30 $ と, ていう. なかなか機材の値段, という観点から, 音楽に関係する産業がこれからどうなっていくのか. いや, そんな大それた話ではないですね. まあその, DJ, ターンテーブルを操るという演奏行為を, 昔ながらに取り組もうとすると, ターンテーブル 1 台買うのにちょっといいギター 1 本買うくらいはカネかかるようになった, と. これはけっこう, DJ  という音楽行為が値段的に価値がかなり上がってきた, そういうことなのかもしれません.

かつてはですね, ターンテーブル 2 台とミキサーとで, まあ, 15 万円くらいで始められたわけです. まあ, 15 万円だったら, 学生ローンでも組めなくはないですけど, そのかつてと同じ環境をこれからテクニクス新品で揃えようとすると, ミキサーが 10 万だとして, 76 万円 ( 税抜き ). アナログ・ターンテーブルでの DJ が, 値段的にかなり敷居が高くなっていくんでしょうか.

そんなことはどうでもよくて, いやもっと安くしてくれ, というのが正直なところですが.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

今週のオススメ記事

あと, 今週は, 上記には載せていませんが, 「音楽の食べログは必要か」的な記事が話題になりましたが, 音楽の食べログなんていらないから, 音楽のクックパッドを作りませんかね? わたしはプログラミングにとんとうといので, 協力していただける方をただいま募集中です.


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク