「 Rap 」一覧

これは悪夢! 奇怪なサウンドで異世界へ誘うネオソウル Nnamdi Ogbonnaya『FECKIN WEIRDO』

シカゴ出身のマルチ演奏家, Nnamdi Ogbonnaya が 2014 年にリリースしたアルバム『FECKIN WEIRDO: Nnamdi’s spectral adventures through a pubulous conundrum, canceling out the burrowing burden and ambiguity of his pre-zuberant tooth shine』をレコメンド. ってめっちゃタイトル長い! 続きを読む


【音楽書新刊】ジェフ・チャン『ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]』

1968 年から 2001 までのヒップホップ年代記. 2007 年に翻訳が出版された同名書が, 新装版として登場. アメリカの社会問題とヒップホップの成立史の関係を明らかにしてく同書には, DJ クール・ハーク, アフリカ・バンバータ, グランドマスター・フラッシュ といった初期ヒップホップのレジェンドだけでなく, ボブ・マーリー, リー・スクラッチ・ペリーらレゲエ勢や, マルコム・マクラーレンやザ・クラッシュらパンク勢も取り上げられています. 続きを読む


Frank Ocean への客演で KOHH が証明したこと

すごく単純な事実ですが, 音楽は音楽だから魅力的です. というと身も蓋もない言い方ですので, もう少し詳しく言えば, ある楽曲の歌詞がどんなに (たとえば) 文学的に優れていても, リズムやメロディー, コード進行, 音色などなど音楽を構成している要素がカッコ悪ければ, その歌詞はカッコ悪い.  続きを読む



【NEW PLAYLIST】オバマ大統領, Chance The Rapper ふくむ夏のプレイリストを公開

先日, リオデジャネイロ・オリンピックのバスケットボール・アメリカ代表のためのナイキによる応援ビデオへ新曲を書き下ろした Chance The Rapper. 続きを読む





やっぱ自分のやりたい音楽をやれるのがイチバンですね… ( そしてそれで売れたらなおよい ) 今週の音楽オススメ & 注目記事まとめ ( 6 月 12 日 – 6 月 18日 )

今週は自作の新曲を公開してそのまま脱力してあまりネット記事にアンテナ張ってませんでした.

で, 注目してしまったのはまさかの, WANDS の記事. 正直, わたしも「世界が終わるまでは」と中山美穂とコラボの曲くらいしか知らなかったんですが, カート・コバーンの自殺に影響して脱退したんですね. やっぱ自分のやりたい音楽をやれるのがイチバンですね. 続きを読む


【NEW TRACK】Donnie Trumpet,『Surf』から未使用セッション音源のミックスを公開

ちょうどほとんど 1 年前にリリースされた Donnie Trumpet『Surf』. 本当にピースでリラックスできるアルバムで, それでいてちゃんとヒップホップとかジャズとかのドロッとした感じもちゃんと楽しめる, 最高のアルバムなんですが,『Surf』制作セッションから未使用音源の 10 分ミックスが公開されました. 続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク