[音楽書 近刊] クレオール・パオラッチ『ダンスと音楽: 躍動のヨーロッパ音楽文化史』

アルテスパブリッシングから, ヨーロッパの舞踊曲をテーマにした音楽書 (翻訳書)『ダンスと音楽: 躍動のヨーロッパ音楽文化史』が 4 月 26 日に発売予定. 著者は, 歴史学者・音楽学者のクレオール・パオラッチ.

翻訳の西久美子は, 東京芸術大学卒で, これまでに J.エーゲルディンゲル『ショパンの響き』(音楽之友社, 2007年), E.レベル『ナチュール 自然と音楽』(アルテスパブリッシング, 2016) を翻訳しています.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

書籍情報

  • タイトル: 『ダンスと音楽: 躍動のヨーロッパ音楽文化史』
  • 著者: クレオール・パオラッチ
  • 出版社: アルテスパブリッシング
  • 発売予定日: 4 月 26 日

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク