【音楽書 近刊】増野 亜子 ( 編 ) 徳丸 吉彦 ( 監 )『民族音楽学12の視点』

「声」に焦点をあてた比較音楽学書『声の世界を旅する』が好評だった増野亜子 (東京芸術大学 他 ) 編集した( 監修は『音楽とは何か:理論と現場の間から』( 岩波書店, 2008 ) の徳丸 吉彦 ) , 新しい民族音楽の入門書, 『民族音楽学12の視点』が 3 月に発売予定. 音楽之友社から.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

書籍情報

  • タイトル:『民族音楽学12の視点』
  • 著者:増野 亜子 ( 編 ) 徳丸 吉彦 ( 監 )
  • 出版社: 音楽之友社
  • 発売日: 3 月 19 日( 2016 年 1 月 19 日現在の予定日 )

「民族音楽学」は世界の多様な音楽文化を扱いながら、人間と音楽について考える学問。本書はこの民族音楽学の入門書。専門的な音楽の経験がなくても、音楽への知的な好奇心がある人に向けて編まれた。「民族」という語がついてはいるものの、民族音楽学は遠い異国の音楽だけを扱うものではなく、あらゆる音楽を扱う。

( 本が好き!ラボ 紹介文より )


著者既刊

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク