【RECOMMEND ALBUM】Wayne Horvitz によるエレクトロニクスを駆使した 1981 年録音の実験ジャズ作品『Simple Facts』

Wayne Horivitz は, アメリカの作曲家, キーボード奏者, そしてプロデューサー. 1979 年にスタジオ作品・デビュー以来,「挑発的なジャンル越境者」として数多くの作品をリリースしています.

今回オススメするのは, 1981 年録音の『Simple Facts』.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

アルバム情報

  • タイトル:『Simple Facts』
  • アーティスト: Wayne Horivitz
  • リリース: 1981 年

1 曲目, 不穏なピアノフレーズから始まり溢れ出るように演奏される実験的なジャズ. オススメです!


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク