Tyondai Braxton 《Central Market》

あまりにもそれが名盤の場合、 集中して聴きたいから逆にめったに聴けなくなって、 でもそういう盤とはなかなか巡り会わないと言うか、 ま、当たり前なんだけど、 これはそういう盤です。 だからめっちゃ名盤です。

あんまり長く書いてもアレだから、短く簡潔に感想を。 「ストラヴィンスキーとシェーンベルクがシンセサイザーの上で真剣に遊んでいる」。

これはちょっと褒め過ぎか? でも、褒めすぎてしまうほど本当に良い。

調性の限界に挑むかのようなメロディーと、ロック~ダンスミュージックを経過して組み立てられたポリリズムが、混沌と整頓されていて、ま、面白いんです、聴いていて。

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク