「 Ludwig van Beethoven 」一覧

ヴィンテージ機材復刻格安アプリか, 高額フィジカル機材か… 音楽テクノロジーの未来は悩ましい! 週の音楽オススメ & 注目記事まとめ ( 5 月 1 日 – 5 月 7 日 )

今週の話題としては, テクニクスの SL-1200 の復「活」モデル 33 マン円と, Moog のヴィンテージシンセ復「刻」アプリ 30 $ と, ていう. なかなか機材の値段, という観点から, 音楽に関係する産業がこれからどうなっていくのか. いや, そんな大それた話ではないですね. まあその, DJ, ターンテーブルを操るという演奏行為を, 昔ながらに取り組もうとすると, ターンテーブル 1 台買うのにちょっといいギター 1 本買うくらいはカネかかるようになった, と. これはけっこう, DJ  という音楽行為が値段的に価値がかなり上がってきた, そういうことなのかもしれません. 続きを読む



リズムの定義(2)

田村和紀夫『音楽とは何か ミューズの扉を開く七つの鍵』「第4章 音楽はリズムである」のノートです。この章を通じて、「リズムとは何か」について、あれこれ思い巡らせたいと考えています。以下も参考にしてください。

田村和紀夫『音楽とは何か ミューズの扉を開く七つの鍵』
著者の理想とする音楽というものがあって、各章で事例を挙げながら、それを正当化しているだけなのではないか(もちろん、ほとんどすべての「~とは何...

続きを読む


ロマン主義の音楽(7)シューマン

西洋音楽史、ロマン主義の7回目です。さて、初期ロマン派において最重要人物とされるのはシューベルト Franz Peter Schubert ですが、シューベルトに続いて初期ロマン派を代表する音楽家は、メンデルスゾーン Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy 、シューマン Robert Alexander Schumann 、ショパン Fryderyk Franciszek Chopin です。

前回のエントリーではこの3人のうちメンデルスゾーンを取り上げましたが、今回はシューマンを取り上げます。 続きを読む


ロマン主義の音楽(4)様式: 形式、ジャンル

西洋音楽史、ロマン主義の4回目です。前回のエントリーでも述べた通り、ロマン主義時の時代には、様々な音楽様式が併存していたため、この時代の様式を統一的にまとめるのは難しい。ただそれでも、或る程度の共通性を見出すこともできます。今回はロマン主義の様式のなかでも、形式とジャンルを取り上げます。

続きを読む


ロマン主義の音楽(1)概要

今回からロマン主義の西洋音楽を取り上げます。

1.ロマン主義の語源と意味

1−1.ロマン主義の語源

さてそもそも、ロマン主義 Romanticism とはどういう意味でしょうか。  続きを読む


古典派の音楽(10)まとめ

西洋音楽史、特に古典派についてのまとめです。目次として使用していただければと思います。

古典派の音楽(1)概要
今回から古典派の西洋音楽を取り上げます。さて、前古典派でも少し述べましたが、古典派とは一体、どのような時期を指して古典派と称されるのでしょう...

続きを読む


古典派(9)べートーヴェン: 作品と生涯 その2 ウィーン時代

古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn 、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart  、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人を指し、より厳密には彼らの活躍した時期でも1780年〜1820年を指します。前回のエントリーでは、この3人のうち、ベートーヴェンのボン時代について取り上げました。今回は、同じくベートーヴェンのウィーン時代について取り上げます。

続きを読む


古典派の音楽(8)べートーヴェン: 作品と生涯 その1 ボン時代

古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn 、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart  、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人を指し、より厳密には彼らの活躍した時期でも1780年〜1820年を指します。前回のエントリーまでで、ハイドンモーツァルトを取り上げました。今回から、ベートーヴェンを取り上げます。 続きを読む

古典派の音楽(1)概要

今回から古典派の西洋音楽を取り上げます。さて、前古典派でも少し述べましたが、古典派とは一体、どのような時期を指して古典派と称されるのでしょうか。

1.「古典」とは何か

前古典派と内容が重複しますが、そもそも「古典」とは何か、そのおおまかな意味を捉えることにしましょう。 続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク