「 Franz Joseph Haydn 」一覧

音楽の根源的な姿

田村和紀夫『音楽とは何か ミューズの扉を開く七つの鍵』(2012年、講談社)「第4章 音楽はリズムである」のノートです。なお、当エントリー中の引用部分は、特に断りのない限り同書からになります。以下も参考にしてください。

前回のエントリー「バッハ《ロ短調ミサ曲》BWV232における「踊り」性」では、バッハを例に、踊りが音楽にとって如何に根源的であるか、が田村和紀夫によって説明されたのですが、今回はその続きです。

続きを読む


古典派の音楽(10)まとめ

西洋音楽史、特に古典派についてのまとめです。目次として使用していただければと思います。

古典派の音楽(1)概要
今回から古典派の西洋音楽を取り上げます。さて、前古典派でも少し述べましたが、古典派とは一体、どのような時期を指して古典派と称されるのでしょう...

続きを読む


古典派の音楽(4)ハイドン: 弦楽四重奏、声楽曲

西洋音楽史、古典派の4回目です。古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn 、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart  、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人を指し、より厳密には彼らの活躍した時期でも1780年〜1820年を指します。前回のエントリーでは、この3人のうちハイドン、特にその交響曲についてとりあげました。ハイドンは、「交響曲の父」と同時に、「弦楽四重奏の父」とも呼ばれています。今回のエントリーでは、交響曲と並んでハイドンの重要なジャンルである弦楽四重奏と、合わせて声楽曲も取り上げます。 続きを読む


古典派の音楽(3)ハイドン: 交響曲

西洋音楽史、古典派の3回目です。古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn 、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart 、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人を指し、より厳密には彼らの活躍した時期でも1780年〜1820年を指します。前回のエントリーでは、この3人のうちハイドン、特にその生涯について取り上げました。今回は、ハイドンの交響曲を取り上げます。 続きを読む


古典派の音楽(2)ハイドン: 生涯

西洋音楽史、古典派の2回目です。前回は、古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn  、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart 、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人、特に彼らの活躍した時代でも1780年〜1820年の間の音楽である、ということを取り上げました。今回から、この3人のなかでも特にハイドンを取り上げることにします。先ずは、ハイドン の生涯からです。

続きを読む


古典派の音楽(1)概要

今回から古典派の西洋音楽を取り上げます。さて、前古典派でも少し述べましたが、古典派とは一体、どのような時期を指して古典派と称されるのでしょうか。

1.「古典」とは何か

前古典派と内容が重複しますが、そもそも「古典」とは何か、そのおおまかな意味を捉えることにしましょう。 続きを読む


前古典派の音楽(8)ザルツブルク, ウィーン

西洋音楽史、前古典派の8回目です。今回で前古典派の音楽を取り上げるのは最後になります。次回から、古典派の音楽を取り上げる予定です。今回は、当時のオーストリア、ザルツブルクとウィーンの音楽がテーマです。

1.ザルツブルク

ザルツブルクは当時、大司教が統治していました。宮廷楽団と、大聖堂などの教会があり、同時期の宮廷楽長にはエーベルリーン Johann Ernst Eberlin、宮廷オルガニストにはエーベルリーンの弟子であったアードゥルガッサー Anton Cajetan Adlgasser がいました。

続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク