ストラヴィンスキーとグランジ、心のビタミン

ストラヴィンスキーについて、《春の祭典》を中心とした彼の経歴(生い立ち、《春の祭典》初演の有名な大失敗エピソード、ココ・シャネルとの関係)と、推薦盤の紹介、そして、《春の祭典》を聴いて春らしく元気になろう! という内容です。

えー、さすがビジネス・パーソンのための音楽紹介ですね・・・。

この記事はどうやら、毎週更新されているシリーズのうちの1つみたいですが、

ちなみにまだ読んでないんですが、3月22日付けの記事は Nirvana《Nevermind》らしいです。

読んでないのにこんなこと言うのはアレなんですが・・・、《Nevermind》が心のビタミンになるビジネス・パーソンて・・・、大丈夫か? いや、むしろソコを狙っているのか? 心のビタミンというのはマネー的なものではなくて、反骨精神すら起こせないありきたりな絶望という精神を養えよ、と、そういう意味なのか!?

参考 URL


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】