古典派の音楽(6)モーツァルト: 声楽曲

西洋音楽史、古典派の6回目です。全体の目次はコチラ

古典派とは、ハイドン Franz Joseph Haydn 、モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart  、ベートーヴェン Ludwig van Beethoven の3人を指し、より厳密には彼らの活躍した時期でも1780年〜1820年を指します。前回は、この3人のうちモーツァルト、特に彼の生涯について取り上げました。

今回は、モーツァルトの声楽曲を取り上げます。

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

1.宗教曲

先ず、宗教曲ですが、その多くはザルツブルク時代に作曲されました。ミサ曲18曲(《孤児院ミサ》K139、《戴冠式ミサ》K317など)、典礼小品約20曲、宗教的ジングシュピールなど4曲が残されています。

  • 《孤児院ミサ》
  • 《戴冠式ミサ》

ウィーン時代にも宗教曲は残されていますが、教会音楽を作曲する義務から解放されたためか、数多くはありません。次の、

  • 《大ミサ曲 ハ短調》K427 ※未完
  • 《アヴェ・ヴェルム・コルプス》K618
  • 《レクイエム》K626 ※未完

そして《フリーメーソンのための小カンタータ》K623 のみです。

ただ、1788年頃から没年まで、モーツァルトはかなりの程度教会音楽に関心を持ち、作曲に取り組んでいたのではないかとも言われています。作風はホモフォニー様式を背景にしたオペラ風の華麗な旋律を繰り広げる、古典派ミサ曲の典型ですが、ウィーン時代の作品では対位法様式の展開に優れていました。

2.劇音楽

11歳から没年にいたるまで、モーツァルト派劇音楽を作曲し、およそ20曲が残されています。

イタリア語のオペラ・ブッファとしては、

  • 《みてくれの馬鹿娘》K51(12歳頃のの作品)
  • 《フィガロの結婚》K492
  • 《ドン・ジョバンニ》K527
  • 《コシ・ファン・トゥッテ》K588

が挙げられます。

また、同じくイタリアのオペラ・セリアとしては、

  • 《アルバのアスカーニオ》
  • 《ルチオ・シッラ》
  • 《クレタのイドメネオ》
  • 《ティトゥス帝の慈悲》

が挙げられます。

ドイツ語のジングシュピールとしては、

  • 《バスティアンとバスティエンヌ》
  • 《後宮からの誘拐》
  • 《魔笛》

が挙げられます。

その他に、演奏会用アリア(約60曲)、重唱曲/合唱曲(約20曲)、歌曲(約30余曲)、カノン canon (約30曲)が残されています。

次回は「古典派の音楽(7)モーツァルト: 器楽曲」です。

【参考文献】

  • 片桐功 他『はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで』
  • 田村和紀夫『アナリーゼで解き明かす 新 名曲が語る音楽史 グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで』
  • 岡田暁生『西洋音楽史―「クラシック」の黄昏』
  • 山根銀ニ『音楽の歴史』

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク