雑誌『アルテス Vol.01』(アルテスパブリッシング 2011)

誤解を恐れずに言えば、「初めてロッキングオンジャパンを読んだ中2以来の興奮」を、音楽誌において覚えた。

テーマが「3.11と音楽」、ということで、最初からガリガリ読んでいくと、そのほとんどが音楽〈そのもの〉(この点に関しては、私は ” musicking ” について、今一度考えてみなければならぬ)と関係のないように思えた。

だから、高橋悠治のインタビューで、「音楽は必要じゃない」という発言を目にしたとき、ああ、これが逆説的にもこの雑誌のこのテーマの本質を言い表しているのだ、さすがは高橋、と唸ったものである。

しかし———、最後の最後で、大友良英のインタビューを読み、俺の〈音楽〉への〈捉え方〉を、〈やはり〉改めなければならないような気がしてきた(つまり、高橋の発言に、誤りのあるような気がしてきたのだ)。

どのように改めなければならないかは、未だ明言できない。ただ音楽は———、〈もっと〉パーソナルなものなのではないか、と、曖昧に言ってしまえば、そういうことである。


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク