「 音楽学 」一覧

【音楽書 近刊】宮澤 淳一 ・横井 雅子・白石 美雪『音楽論』

グールド関係の翻訳のほか, マーシャル・マクルーハン, カナダ文学, ロシア文学など幅広い分野をカバーする宮澤 淳一, ハンガリー音楽を中心とした研究者の横井 雅子, そしてケージを中心に現代音楽を研究している白石 美雪の 3 人による音楽書, タイトルも直球の『音楽論』が,  3 月に発売予定. 武蔵野美術大学出版局から.

続きを読む




【新着論文】西島千尋「音楽鑑賞教育における経験されるものとしての音楽観の必要性:T. デノーラの〈音楽イヴェント〉概念の検討をとおして」

 

日本福祉大学『子ども発達学論集』の7号がウェブで掲載された、西島千尋による T. ディノーラに関する論文が読めます。オープン・アクセス。

 

続きを読む


哲学系の事典で「音楽」はどう論じられているのか?: 『哲学事典』(平凡社)「音楽学」のノート

音楽は哲学的にどう議論されているのか、あるいは議論されてきたのか。その大枠を捉えるために最も有効な手段のうちの1つが、「事典を調べる」でしょう。ということで、様々な哲学・思想系の事典で音楽に関する項目をノートをつくってみることにしました。調べてみるとけっこうでてくるものですね。
続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク