「 現代音楽 」一覧

[音楽書 近刊] 中嶋恒雄『禅の作曲家 佐藤慶次郎: こころの軌跡とその作品』

早坂文雄に師事, 武満徹・湯浅譲二・秋山邦晴らによる前衛芸術家チームである「実験工房」に参加し, 代表作に「ピアノのためのカリグラフィー」(1960) がある音楽家・佐藤慶次郎 (1927 – 2009) の評伝『禅の作曲家 佐藤慶次郎: こころの軌跡とその作品』が発売予定.  続きを読む


2016 年 ポピュラー音楽 10 選 +α

ほぼ毎年書いています, その年に聴いたポピュラー音楽の新譜のうち, 気に入ったものセレクト. 今年は昨年と同様, 10 作品 + α みたいな感じです.  続きを読む




今週の音楽オススメ & 注目記事まとめ ( 3 月 13 日 – 3 月 19 日 )

今週は, 先週よりもオススメできる記事自体は多いんですが, コレ! みたいなのはあんまないっすかね. あえて 1 つあげるとすると, サンクラとソニーの契約くらいですかね. どうなるんだ, サンクラ, このままでいてくれ, サンクラ! 続きを読む


【RECOMMEND ALBUM】トロントの現代作曲家, John Kameel Farah によるピアノ作品集,『 Unfolding』( 2009 )

John Kameel Farah はトロントを中心に活動する現代作曲家で, 古楽やバロックかからアンビエント, 中近東, そして EDM にエレクトロアコースティックと, かなり幅広い関心分野をもっています. 今回は 2009 年リリースのピアノ作品集,『Unfolding』( 2009 ) をレコメンド. 続きを読む


【RECOMMEND LABEL】ポーランドの実験音楽を中心にリリースするレーベル, For Tune

バンドキャンプで音源を掘ってると, レーベル単位でイイ! のがあって出会って, 楽しいっすね. たとえばわたしがバンドキャンプで発見して好きなのは, わかりやすいところだと, ニューヨークのジャズ・レーベル, Sunnyside とか, 東京のダブ・レーベル, Dub Store Records とか. わかりにくいところで言えば, ウェールズのインディー系レーベル, AFIACH とか, ボルケンのジャズ・レーベル, Destination: OUT store とかですね, 挙げればキリがないんですけど. 続きを読む


特集 = ブーレーズ: その音楽観を知るための 15 のキーワード ( 2 )

2016 年 1 月 5 日に, 90 年の生涯を閉じたブーレーズ.

ブーレーズの生涯や作品の解説などは他の web メディアにゆずるとして,

本記事ではブーレーズの音楽観を知るために, 現代音楽に関する 15 のキーワードを挙げ, それに関するブーレーズ自身の文章や, ブーレーズへの論評を集めました. 前回はコチラ.

全 3 回を予定している 2 回目の今回. キーワードは, 「ヘテロフォニー」,「ホモフォニー」, 「ハイブリッド」,「微分音」そして「記譜法」です. 続きを読む


特集 = ブーレーズ: その音楽観を知るための 15 のキーワード ( 1 )

2016 年 1 月 5 日に, 90 年の生涯を閉じたブーレーズ.

ブーレーズの生涯や作品の解説などは他の web メディアにゆずるとして,

本サイトではあらためてブーレーズの音楽観を知るために, 現代音楽に関する 15 のキーワードを挙げ, それに関するブーレーズ自身の文章や, ブーレーズへの論評を集めました.

全 3 回を予定している 1 回目の今回. キーワードは, 「連続性/非連続性」,「偶然」, 「開かれた形式」,「電子音楽」「具体音楽」です. 続きを読む



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク