楽制改革: 平安時代初期・中期における, アジア音楽の日本化

日本には古来, 日本以外の地域 (≒ 大陸) から影響を受けいていない歌・舞が存在していました. 一方で, 大陸との交流も当然ありましたので, 日本は古くから, アジア的な音楽をどんどん輸入していました. 平安時代中期以降は, アジア的な音楽をそのまま取り入れるのではなく, 日本の風土にあった音楽へ改変しようとする風潮がみられるようになりました. こうした平安時代における音楽の日本化 = 国風化の動きのことを, 楽制改革と言います. 平安貴族は教養として奏楽や舞楽に励み, 外来楽は分離・統合され唐楽と高麗楽へ 2 分されたうえで楽曲が整理・国風化されました. 現行の舞楽の曲名に, 承和楽, 仁和楽などの平安当時の年号が付けられているのはその証拠だと言えます.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

源氏物語における音楽

当時, 外来の音楽文化が日本へどのように浸透したのか, この背景を知る手がかりの 1 つが紫式部『源氏物語』です. もちろん, フィクションと史実との区別は慎重でなければなりませんが,『源氏物語』からは 9 〜 10 世紀の日本の宮廷生活の様子をうかがえることを完全に否定することはできません.『源氏物語』に拠れば, 音楽の演奏は貴族に必須の教養でした. 年中行事や通過儀礼において雅楽の演奏は欠かせませんでした.

アジアからの芸能の伝来, および仏教音楽

アジアの日本以外の地域における芸能は, 元来, 舞や所作が伴う器楽合奏がメインで日本に伝わり, 歌謡は含まれていませんでした.

また, 当時の仏教音楽は, 歌詞がサンスクリット語や漢語だったため, 一部の人しか聞き取ることのできないような, つまり外国語による外来音楽の典礼でした.

なお, 平安時代, 仏教音楽は新たな局面を迎えました. たとえば空海の伝えた真言宗の典礼, 最澄の弟子・円仁による中国天台宗の典礼音楽の組織的導入です.

日本語の声明が成立したのもこの時期でした. 日本語によって釈迦の物語などを伝える講式や, 経典についての解釈を問答する論義, 僧侶以外の在俗者も歌える和讃などが, この時期に成立しました.

管絃の誕生

雅楽においても, 古来の国風歌舞だけではなく, 儀式の場以外にもふさわしい日本語の歌に対するこだわりが生まれました.

また, 特別な空間や時間を選ばなくても, 合奏できるような形態を模索するなど, 外来の楽器を十分に使いこなしつつ, 日常的に音楽を演奏する欲求が高まっていったと考えられます.

こうしたなかで出現したのが, 外来の豊かな響きに馴染んだ耳で, 日本独自の室内楽である管絃でした. ほぼ同時期には, 新時代の日本語の歌だる雅楽歌い物「催馬楽」「朗詠」も出現しました.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク