力す良い声に, 伸びやかなメロディーを楽しめる J-Club Music | MiChi《THERAPY》

彼女の魅力は、先ずバックトラックが4つ打ちを中心とした聴き易くなったエレクトロサウンドという点にある。誰もが聴き易いように、どキツいエレクトロののバキバキ鳴っている感が薄くなって、全体的に丸い音響になっている。この 1st アルバムからの路線は、《THERAPY》でも受け継がれている。

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

アルバム情報

  • タイトル:『THERAPY』
  • アーティスト: Michi
  • リリース: 2012 年 3 月 21 日

でもそれ以上にやっぱり、声。日本人の女性 Vo. って、よく耳にするのはなかなか両極端で、いや、別にツッコんで聴いているわけではないから、一概には言えないかもしれないけど、先ず幼い声が多い。これは飽きるわけです(お前が言うな(笑) という感じですが(笑) お前じゃあ悠木碧が好きとか言うなよ(笑))。聴いていると。特にロックバンドが酷い。どれもこれも、高校の頃どうしても隣の席になれなかった音楽好きなあのコという妄想の中の女の子の声に聴こえる。そうでなければ、R&B 系。失礼な言い方をすれば、野太い(笑)、大人の声。

いや、違う人もいるかもしれないけど、やっぱり、普通にあんまり日本のポピュラー音楽を意識せずに聴いていると、聴こえてくるのはこういう、幼いか野太いか(笑)、のどっちかなんだけど、MiChi はそのどちらでもないというか、これ、多分、女優の声だと思う。いやー、違うかな、何と言うか、そのー、声を特徴にしない人がめっちゃ安定感持って歌っている、とそう聴こえる。

全然褒めてないように思われるかもしれないけど、これはめっちゃ褒めているわけです。

だから、すごく良い意味で普通の声という。その、よく言われる フ ツ ー に 良 い 声 。だからというわけでもないかもしれないけど、そんで、この《THERAPY》は、前作よりも分かり易い伸びやかなメロディーが多いからか、どの楽曲もカッコ良く聴こえる。

フ ツ ー に 良 い 。だから何回も聴いてしまうのかもねえ。

関連サイト

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク