ジャズ史を聴くために読んだ 13 冊: 音楽の良さをなんとなくわかるために

先日, 「「音楽の良さ」は分からないけど, 誤魔化して納得する方法はある」という記事を投稿しました

先日, こういう記事を読みまして. 自分には音楽の良さが分からない 投稿者の方は, 歌詞が好きな曲 = 良い曲…

だらだらと書きましたが, めちゃくちゃ凝縮して言うと, 音楽の良さをなんーとなく知るためには, 音楽史を順番に聴けばいいよ. いまはインターネットが発達してるから, 定額ストリーミングサービスで, 音楽史の本に載ってる名前を検索して 1 ページ目から聴けばいいよ. どのジャンルの音楽史を聴くかは, なんでもいいけど, クラシックがオススメだよ, ていうところです.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

オススメのクラシック音楽史書籍

クラシック音楽史として, 音楽家・楽曲ともに量が豊富かつ, コンパクトにまとまっている 1 冊として, さきほどの記事でオススメしたのが,

  • 片桐 功 他『はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで』( 音楽之友社, 2009 )

です. 他にもあるはずなんですけど, いまぱっと思い浮かばないですね, いまぱっと思い浮かぶのは,

が, コンパクトかついい感じの本だと思います. さて, この記事の主な目的は, クラシック音楽史の本はまた別の機会に譲るとして, じゃあ, ジャズとかロックとかだとどうなんだ, ということで, ジャズ史を聴くために何を読んだらいいのか, その個人的なセレクトです.

はじめてのジャズ史のためのオススメ書籍

個人的なセレクト, というのは, 単にわたしが読んだことのある, かつ, オススメの本, という意図です. わたしは別にジャズマニアでもなんでもないし, ( こう言っていいかは分かりませんが, 言わば, ) 教養としてジャズを嗜む, 以下に並んでいるのは, その際に, 参考にした本です.

そして, これらの本に載っている音楽家, 楽曲を, 1 ページ目から順番に ( 定額ストリーミングサービスや, 場合によっては Youtube などで ) 聴くことで, ジャズの良さがなーんとなく分かると思います. 少なくとも, ツタヤで「ア」から順番にレンタルして聴くよりは.

先ず, とりあえず読んでおいて損はない, と, いうのが,

  • フランク・ティロー『ジャズの歴史』( 音楽之友社, 1998 )

です.

載っているのが 70 年代のフリージャズまでなので, 物足りない感じがなきにしもあらずですが, ジャズ成立あたりから, クラシック音楽との関連もまじえつつ, 非常に丁寧に書かれています.

しかしいきなり荷が重い, という場合は, いきなり軽くなるのですが,

  • 澤田俊祐『面白いほどよくわかる ジャズのすべて』( 日本文芸社, 2007 )

から読んで聴いてもいいと思います. とにかく, 歴史的に, というかほとんど年代記的に, 音楽家とその作品が並んでいればいいのですから. この本にはいちおう, 70 年代以降のジャズも載っています.

70 年代以降のジャズで, とりあえず著名な音楽家の名前だけ知っときたい, 作品はあとでググるから, という場合は,

  • 清水 俊彦『ジャズ・オルタナティヴ』( 青土社, 1996 )
  • 清水 俊彦『ジャズ・アヴァンギャルド』( 青土社, 1997 )

がいいかもしれません. 音楽評論家のレビュー集ですので, 人によっては余計な情報もあるかもしれませんが, とりあえず知っておく程度なら, 役に立つと思います. すみません, もっといい本があれば教えて下さい.

最新のジャズの動向としては,

  • 柳葉光隆『Jazz the New Chapter: ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平』( シンコー・ミュージック, 2014 )

でしょう. 同『2』『3』も発売されています.

ただ, これらはディスクガイドで, 「歴史」というには紹介されている作品が広すぎます. もっといい本があれば教えて下さい.

あと, まあ, 参考になるか分からないですけど, ジャズ「史」に限定して, 参考になるのかもしれないものを ( どっちだ ), 思いついた範囲で.

  • マイルス・デイビス『マイルス・デイビス自叙伝 ( 1 ) 』『 ( 2 ) 』 (宝島社, 1999)
  • 油井正一『生きているジャズ史』( シンコー・ミュージック, 2001 )
  • 油井正一『ジャズの歴史物語』( アルテスパブシッシング, 2009 )
  • 菊地 成孔・大谷 能生『憂鬱と官能を教えた学校』( 河出書房新社, 2004 )
  • 菊地 成孔・大谷 能生『東京大学のアルバート・アイラー 歴史編』『キーワード編』( メディア総合研究所, 2006 )
  • 菊地 成孔・大谷 能生『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』( エスクアイア・マガジン・ジャパン, 2008 )

もっと面白い本があるよ! という方がいらっしゃいましたら, コメントいただけると助かります.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク