ボブ・ディランがノーベル文学賞でびっくりしてる

2016 年 10 月 15 日追記: つづきの記事を書きました.

ボブ・ディランのノーベル文学賞に違和感がある老害
わたしのことなんですけど, 老害というのは. 以前の記事の補足ということで. 以前の記事でも, 違和感というのは書いたん...

文学作品にあまりしたしまないのでノーベル文学賞にはなかなか関心が向きません. 物理学は意味不すぎて関心あるけど意味不. 医学・生理学賞, 化学賞あたりはなんとなく親しみがあります. 解説読んでも分かりますしね.

ということで, この web サイトでノーベル賞の話題を書くことになるとは思わなかったんですが, ノーベル文学賞にボブ・ディランということで, ビビってます.

ていうかツイッターで第一報を見たときちょっと笑いました. ボブ・ディラン!!?!???!??? みたいな.

ちなみに受賞理由はコチラ.

「偉大なアメリカ音楽の伝統において新たな詩の表現を想像し続けたら」. だそうです.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

文学って, わたしたちの思っている以上に広い

そのあと, ちょっとびびりましたね. 文学, まあ, 文学ってめちゃくちゃ広いんですけど, 演劇とかね, 思想書とかも時代によっては文学に入りますし. だから, そういう点では, 歌詞というのも文学に入れていいとは思うんですけど, それでもびびりましたね. 文学をメインフィールドにしていなくてもノーベル文学賞とれるのか. じゃあ俺も可能性あるじゃん, みたいな ( 笑 ). いや, 俺にも可能性あるじゃん, ていうのは冗談ですけど.

これはもうラッパーがノーベル文学賞とる未来が見えますね.

でもやっぱ違和感

それでもやっぱ違和感あるんですけど, なんでしょう. これは.

いま, ボブ・ディランを聴きなおしているんですけど, これはやはり音楽ですよね. 『Highway 61』の「Like A Rolling Stone」.

やっぱ歌詞は歌にのってこそ歌詞で, 歌によって文学性が獲得されると思うんですよね. いま, ボブ・ディラン聴いてますけど, やっぱこれ音楽ですもの. この煮え切らない, この, ブルースの真似をしようとしてしきれていない, なんとも煮え切らないメロディーに歌詞が乗ることで, この歌詞は歌詞になるんですよね. 文学性を獲得する, と.

メロディーだけじゃなくて, ちゃんと演奏があって, 演奏のどのタイミングでその歌詞がそのメロディーで歌われるか, ていう. まあ, どうしても歌ものだと「間奏」と言われて, その「間奏」という言葉が便利なので便宜上使いますけど, あんま使いたくないですけど, その間奏のハーモニカソロとかね. ぐっちゃぐちゃのね, そういうのが間にある, ていうか, そういうのも歌と同時に主役で, 楽器と一緒に歌われる, てのも歌詞が歌詞である, 文学であるゆえんだと思う.

だから違和感がある.

さきほどラッパーの例を出しましたが, ラッパーがロック殿堂入りするような違和感ですね.

別に, そうじゃない, ていう意見があってもいいとは思いますが.

まあ, わたしの知らない, 詩の奥深さというのがあるのでしょう. じっくり読んでみないとわからないしね. 文学は. ただ「聞く」だけじゃ. フロベールの小説みたいに.


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク