「 ノートル・ダム楽派 」一覧

中世音楽(4)オルガヌム

西洋音楽史、中世の4回目です。

前回は, 中世における世俗音楽ついて紹介しました。

なお, 西洋音楽史の目次はコチラになります。

中世の世俗音楽は、単旋律ばかりだったと言われます。これに対し、宗教音楽においては多声的な音楽が登場し始めます。

この、中世の宗教音楽における「多声的な音楽の登場」は、音楽理論において非常に重要視されます。というのも、和音・和声・調性といった、西洋音楽の特徴の出発点として見なされているからです(したがって、中世の宗教音楽、特に「グレゴリオ聖歌」を西洋音楽史の出発点とする教科書も多数あります)。そして何より、こうした「多声的な音楽」が、「理論的」に確認されながら生み出されていった、とう点に、中世の宗教音楽における「多声的な音楽の登場」の有意義さがある、と通説では考えられています。

続きを読む


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク