【NEW ALBUM】Sunnyside Records から, 緊張感がありつつスムースなジャズ作品. Black Art Jazz Collective『Presented By The Side Door Jazz Club』

ニューヨークから, ラテン系を中心に幅広くジャズの名作をリリースしまくっている最高のレーベル, Sunnyside Records. かなりハイペースに作品をリリースしているので全てを追い切ることができませんが; , 7 月に出るアルバム, Black Art Jazz Collective『Presented By The Side Door Jazz Club』はかなりよさそう.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

楽曲情報

いわゆるテン年代前半に, 「ブラックカルチャー」をポジティブな方法で祝う必要性を感じた若いアフリカ系アメリカ人を中心に結成された Black Art Jazz Collective. ドラマーの Johnathan Blake, サックスの Wayne Escoffery, トランペットの Jeremy Pelt を中心に結成されました.

今回リリースされる『Presented By The Side Door Jazz Club』は, 基本, かなり聴きやすいスムースなジャズなんですが, どこか緊張感のある, 引き締まった 1 作. オススメです!

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

【関連コンテンツとスポンサーリンク】



【スポンサーリンク】
スポンサーリンク