【音楽書 近刊】ウィリアム・ウェーバー『音楽テイストの大転換: ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム 』

近代ヨーロッパ史および音楽の社会史を専門とする歴史学者, ウィリアム・ウェーバーの翻訳書『音楽テイストの大転換: ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム』が, 1 月に刊行予定.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

書籍情報

  • タイトル:『音楽テイストの大転換: ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム 』
  • 著者:ウィリアム・ウェーバー ( 松田 健 訳 )
  • 出版社: 法政大学出版局
  • 発売日: 1 月 25 日( 2016 年 1 月 3 日現在の予定日 )

何が、そして、誰が、「クラシック」となったのか。18世紀後半から19世紀終わりにかけて、ウィーン・ライプツィヒ・ロンドン・パリという音楽都市で、人びとの音楽テイストが分化していく過程を、当時の「演奏会プログラム」を分析して実証的にたどり、演奏会における各種の慣習の変化から、音楽そのもののあり方が転換していく一大パノラマを示す。当時のプログラムなど図版多数。

( Amazon 紹介文より )


ウェーバーの翻訳書は昨年, 『音楽と中産階級 〈新装版〉: 演奏会の社会史』の新装版が話題になりました.

著者既刊

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク