【RECOMMEND TRACK】ボカロ, 日本語, ラップ: サギシ「Dream」

広義のボーカロイド, まあ, UTAU とか, よく知らないけど Cevio もふくめて, そういう, 歌声合成ソフトでラップをするというのは, なかなか難しい. なかなか難しい, ていうのは, わたしがやってるから分かるんだけど, ふつうのメロディーを書くより, けっこう, 12平均律のピアノロール画面とにらめっこしながら, ラップ = 喋りの音程を再現しようと, しかもビートとラップのリズムを勘案しながら, ていうのは, けっこう骨の折れる作業です.

そのためか, ボーカロイドのラップ, いや, その前に, ラップについて, わたしが思っていることをちょろっと書きましょう.

ラップというのは, 単純に言えば, リズムに乗せて「喋る」歌唱法. よくライム = 韻というのが言われますが, ライムは, あるビートのリズムに対して「俺はこういうリズムの取り方をしているんだ!」ていう合図みたいなのもので, ビートに上手く言葉がのってさえいれば ( どうなれば「上手く」と言えるかどうかは分かりませんが ), そんなにうるさく言われるようなものでもない.

そこでやっぱり, 「喋る」ていうのが超・大前提にあって, それをあんまわかってないと, 「英語っぽい感じで日本語でラップさせるとカッコいい」みたいな, そういうラップができる. やっぱラップは US 発祥ということで, ラップらしさ, てのを求めるんなら, US の真似をしよう, みたいなね. それはそれでカッコいいのもあるんですけど, でもじゃあ, US のラップがなんか英語っぽく「聴こえないような」ラップをしているかというと, そうじゃなくて, 当たり前だけど, ちゃんと英語で喋ってるように聴こえる. なかには, メロディアスなラップというのもあるけれども, それはいま置いておく. じゃあ, US では英語っぽく聴こえる ( ていうか英語なんだけど笑 ), ていうかもっというとアクセントの訛りがどうとかまで言われる, そういうのであるラップを, 日本語でする場合, やっぱり, 日本語との距離感, 日本語の発音との距離感というのが, すごく大事になる. ていうかそれが基本だと思う.

日本にラップが紹介されて以来, いかに日本語をカッコよくビートに乗せるか, ていう戦いは, ラップという音楽形式への愛から成り立っている.

そこで, これはわたしの超・主観なんだけど, この戦いに負けた者は, メロディー型のラップになったり, 日本語を無理矢理英語っぽい発音にしたラップになったりとか, あるいは, 「独自」とか「個性」とかそういう言葉で言い逃れして, 全く違うラップとは何か別モンで誤摩化してきた.

そのなかにもカッコいいと思うのはあるけど…, まあなんかさめるよね, ちょっと, 聴いてると.

で, こうした戦いというのは, ヒトであろうがあるいは, 歌声音声ソフトだろうが同じで. 歌声音声ソフト, 特にボーカロイド, 特に初音ミクが流行り始めた頃にはすでに, 日本語でラップしてて, ていうのは戦いに負けたうちの 1 つ「メロディー型」が流行りまくってたから, それに「メロディー型」だと, ボカロでも再現しやすいし, ということで, ボーカロイドによるラップ = ボカロラップ ( VOCARAP) は, 十中十二くらいは「メロディー型」の, 戦いに負けた, ていうか戦いすらしない残念なラップばかりになっていしまっていた. それかデタラメやって「ボカロ特有」てしたり顔してるけどそれ実際失敗だから, みたいなヤツ.

ていうのが, わたしがボーカロイドを使い始めて, いろいろ参考のために聴いて思ったこと. 聴き逃しはあるけど勘弁してください. 聴き専 ( 笑 ) じゃないし.  じゃあ, ちゃんと日本語の発音を大事にして, かつカッコいいラップをやろう! てのが, わたしがボカロを買って以来やっていることで, だいぶ慣れてきて, そんなかで「ボーカロイドラップの作り方」も書いて,

ていうか飽きてきて, そろそろいいかな, くらいにいま思ってるんですけど ( そもそもヒップホップ命! みたいな人間じゃないし ) , でもなかなか, ちゃんと日本語の発音を大事にしながら, 聴き取れる歌声音声のラップってけっきょくほっっっっっっとんど聴けなかったな, て思っている矢先, ていうかほんと先日, 聴いて, 「あ! コレだよ!」てなったのが, サギシ「Dream」.

これね, ニコ動でボカロラップとか VOCARAP とかでもっと派手な感じで凝ってそうな楽曲がサジェストされますけど, はっきり言って, こういうラップの方が作るの大変だし, ごちゃごちゃしたトラック作るのと同じくらいの労力を使いますからね, しっかり日本語らしいラップを作るのって.

これが基本. で, ようやくこれから, ボーカロイドの, 歌声合成のラップっていうのが始まるんです. いままでは全部モノマネのマガいもの. いや, ボーカロイドのラップはぜんぶマガいものだけど, きっと, ボーカロイドでいくら一生懸命ラップを作っても, ヒップホップファンには届かないだろうけど, そんなん言ったら, Jay-Z が Zeebra を褒めるなんて思わないしね, そんなもんなんですよ, たぶん, ヒップホップって.

でも, きっと, こういったフロウのラップがもっと増えれば, 歌声合成のラップもカッコいい, てなると思う.

【スポンサーリンク】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


【スポンサーリンク】
スポンサーリンク